封神演義2 集英社文庫コミック版

藤崎竜

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784086195850
ISBN 10 : 4086195852
フォーマット
出版社
発行年月
2015年11月
日本
シリーズ
:
追加情報
:
348p;16

内容詳細

「わし一人では妲己に勝てぬとわかった」。苦い敗北を経て太公望は封神計画を遂行するための仲間集めに奔走する。宝貝人間・ナタク。
天才道士・楊ゼン。新たな戦力を得た太公望の前に空飛ぶ義賊・雷震子が現れる。
一方、殷の王都に届く太師・聞仲帰還の報せ。妲己さえも警戒する男の存在が封神計画の行方を揺るがす…。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 歩月るな さん

    やっぱり読み甲斐読み応えがありますね。序盤の目的、と言うか裏がある事が解って、状況は変わって、でもやっぱり始めた事はやり遂げねばならない、と。ハンバーグ。この狂気のノリは本当に素晴らしい。一気に登場人物増えて来たなぁ。久し振りに出て来て「おまえはもういい」でやられちゃうの切ないっす。盛りあがって来たけどまだまだ序盤なんですから、続きが待ち遠しい。

  • ミナ さん

    待ってました!の天化登場の巻。あと、聞仲も満を持しての登場。酒池肉林やら伯邑考の話やら賈氏の話やら決して忘れられない話の数々……。今でも十分衝撃的なので、当時は幼く初読ということもあってものすごいショックを味わったのだろう。

  • えみ さん

    封神演義の連載開始が20年前だった衝撃...そんなに前だったっけ??

  • GEO(ジオ) さん

    藤崎竜版『封神演義』の第2巻。いよいよ後の周の文王・姫昌が登場。例の太公望が釣りをしている場面での「釣れますか?」も。 雷震子や楊戩も登場して、少しずつ話がすすんできた印象。早く続きが読みたい。

  • もだんたいむす さん

    主要キャラが次々に登場。ハンバーグなど見逃せないシーンが多数。★★★★★

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

藤崎竜

1990年、『WORLDS』でデビュー

プロフィール詳細へ

藤崎竜に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品