ピンクとグレー 1 あすかコミックスdx

藤崎みお

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041205433
ISBN 10 : 4041205433
フォーマット
出版社
発行年月
2012年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
174p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ❁かな❁ さん

    だいぶ前に原作を読んで完全に覚えてないところもあるのですが昨日『ピンクとグレー』の映画を観て来ました!映画はアレンジされてたりしますが、とてもビックリして楽しむことができ良かったです♬今度はマンガの方も気になり、読んでみました!こちらのマンガにも加藤シゲアキくんのあとがきが載っていて嬉しかったです*いきなりこちらのマンガだけを読むよりもやっぱり原作を先に読んでいた方がわかりやすいかなぁと思いました。絵の雰囲気もイメージ通りで読みやすいです!前半パートが終わり、後半パートがどうなっていくのか楽しみです*

  • みや@桃色日和 さん

    芸能界で成功と挫折に分かれていく幼馴染みを描く同名小説のコミカライズ。原作ファンなので多少の不安があったのだが、淡くて優しい絵も切なさと明るさが絶妙に共存する表情や言葉も作品に合っていて大満足の漫画化だった。嫉妬心は少ない方なのに、この作品ではりばちゃんが抱く「近すぎるが故の嫉妬心」になぜだか凄く共感できる。成功を願う気持ちと挫折を祈る気持ちが痛すぎるほど分かって今回も辛い。漫画ではビジュアルが全く違うので、原作者のイメージからはっきりと線引きしながら読めたのも嬉しかった。ごっちが可愛い、そして美しい!

  • サルビア さん

    リバーとごっちの友情?一人はメジャーデビューし、一人は売れない俳優。子どもの頃の様子が楽しそう。

  • ako さん

    りばちゃんの目線でごっちとの出会いや芸能界に入った頃の様子などが語られる。そして2人が決別する様子も。絵が綺麗。

  • アポめろ さん

    原作が好きで読んでみました。原作に忠実に描かれており、ある意味原作より伝わりやすい部分が多くあった気がする。特にごっちの繊細な面はよくわかった。サリーの実は女というひっかけもしっかり絵で表現されている。ごっちとサリーはお似合いだとも思うけれど、反発し合う磁石の様にも感じて、不安定なカップルの様に思える。ごっちの顔や表情が芸能人になるまでの過程で変化していくのが悲しく、りばちゃんだけがずっと変わらず優しくてまっすぐであり続けているのが切ない。サリー「私は私の色を受け入れるしかないのよ」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品