僕がジュリアードとバークリーで学んだこと 音楽で生きていくために必要な51のルール

藤原清登

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309279800
ISBN 10 : 4309279805
フォーマット
出版社
発行年月
2018年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
224p;19

内容詳細

技術だけでは超一流になれない!!クラシックとジャズ、最高峰の教育を両方受けた著者だからこそ語れる、プロになる考え方と行動。

目次 : 第1楽章 僕がジュリアードとバークリーの両方で学んだ理由にまつわる8つのルール(ピンときたら声をかける。自分を変えるきっかけになる/ 現状を変えたければ、思い切って外へ飛び出せ ほか)/ 第2楽章 ジュリアードとバークリーで学んだ音楽のプロを目指す人が知っておくべき38のルール(お金がなくても学べる。「奨学金」という方法がある/ アルバイトが音楽関係なら、お金をもらいながら学べる ほか)/ 第3楽章 ジュリアードとバークリーでの学びを活かし、音楽人生を歩み続ける5つのルール(ジャズか?クラシックか?「一生の仕事」は何度でも見直していい/ 音楽と人生を教えてくれた恩師の思いを受けて先へ進む ほか)/ 第4楽章 音楽と人生の重大な転機で僕を導いてくれた恩師の言葉(バークリーの推薦状?いいよ、書くよ―渡辺貞夫(サクソフォーン奏者、作曲家) ナベサダさんの快諾がなかったらバークリーに入学できなかった!?/ 東京藝大の別科の試験が2月にあるから、受けなさい―今村清一(東京藝術大学名誉教授) バークリーで通用する基礎力をつけて送り出してくれた ほか)

【著者紹介】
藤原清登 : ジャズベーシスト、作曲家。音楽家の両親のもと、16歳でベースを始め、東京藝術大学の故・今村清一教授に師事。1974年に渡米、バークリー音楽大学を経てジュリアード音楽院に入学し、大学院卒業。21歳でホレス・シルヴァー・クインテットに参加、米国デビュー後、ニューヨークを拠点に活動。1975年、米レーベルMuse、Starata Eastにてクリフォード・ジョーダン、シャミーク・ファラのアルバムでレコーディング・デビュー。ジャズとクラシックの境界を越えて国際的に活躍する。2000年に『スイング・ジャーナル』誌でベース部門第1位に選ばれ、「モダンベースの王者」と呼ばれる。現在、洗足学園音楽大学にて後進の指導にあたっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tetsubun1000mg さん

    クラシックとジャズベース奏者ですが、思い込んだら一直線に突っ走る様子が、昨年読んだ日本フィルティンパ奏者近藤高顯さん著昨の「ティンパ二ストかく語りき」を思い出しました。 ティンパにを学ぶためドイツに渡り、師匠を見つけ本物に出会い、必死になって学んでいく様子に重なりました。 好きな音楽のために、ジュリアードや、バークリー音楽大学へ入学して、勉強して楽器と音楽を極める。なかなかできることではないと思います。 しかも授業は全部英語ですから。 また、先生も生徒も練習が大事といわれるところも真実だと思いました。

  • きよ さん

    「実力とは、技術と知識の両方でできている。技術を磨きながら知識を増やさないと、自由にはなれない」クラシックの名門ジュリアードとジャズの名門バークリーの両方で学んだ藤原清登さんの音楽を生業として生きていくための教え。マイルスデイビスやジミヘンのような天才的で破天荒な音楽人生ではなく、自分の人生で何を望むかを考え、それに向かって日々練習し、新しい知識を勉強し続けた、才能よりも、努力が際立つ姿は、ボクみたいな普通の人間には学ぶことが多かったです。米国のミュージシャンたちの生活を感じられるのも楽しいかったです。

  • らむし さん

    私の父親が著者の演奏を聴いて購入した本。 生で演奏を聴いてみたい。

  • jacobee1352 さん

    実力と才能のある成功者の体験記という感じ。大して参考にならない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

藤原清登に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品