水曜の朝、午前三時 河出文庫

蓮見圭一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309415741
ISBN 10 : 4309415741
フォーマット
出版社
発行年月
2017年11月
日本
追加情報
:
312p;15

内容詳細

「もしかしたら有り得たかもしれないもう一つの人生、そのことを考えなかった日は一日もありませんでした―」一九七〇年、大阪万博を舞台に叶わなかった恋とその後の二〇数年。恋の痛みと人生の重みを描く、究極のラブストーリー。涙を誘った大ベストセラー。

【著者紹介】
蓮見圭一 : 1959年、秋田市生まれ。立教大学卒業後、新聞社、出版社に勤務。2001年に刊行したデビュー作『水曜の朝、午前三時』が各紙誌で絶賛され、ベストセラーになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 三代目 びあだいまおう さん

    『伝説的なベストセラーが待望の復刊。あなたは必ず涙する』とあればただでさえ涙脆い私が手に取らない訳がない。残念ながら涙も感動にも届きませんでしたが。余命僅かな母親が最愛の娘にテープで残した自身の半生。愛し愛し抜いた男、その秘密を知って黙って逃げた過去。選択しなかった人生を後悔しながら、選択してたら娘に出会うこともなかった心の矛盾。戦後の日本復興の象徴だった大阪万博を舞台とした純愛と、時代の価値観。切ない!人の価値ってそんな単純に決めつけられない!一括りにすべきじゃない!唯一の共感は『人生は宝探し』‼️🙇

  • みかん🍊 さん

    タイトルと装丁、大阪万博というキーワードに惹かれて購入したが、電車の中とかで少しずつ飛び飛びで読んでたせいもあるのか思っていたのと違い、すこぶる退屈だった、余命幾ばくもなくなった女性が大阪万博のコンパニオンをしていた時に出会った忘れられない恋人の事を赤裸々に語った手記、既婚であり娘にこれを残すというのは理解出来ない、例え秘めた思いがあっても心に止めておくものでは、こういうラブストーリーは苦手でした。

  • dorebook さん

    もうひとつの人生・・。確かに、人生って何故二者択一を選ばなければならないんだろう。 ありえたもう一つの自分、ありえたもう一つの可能性。「二兎を追う者は一兎をも得ず」の教訓って何だろうか。1970年、大阪万博の時代に青春時代を迎えそこで出会った臼井。 その愛を全うしたかったコンパニオン直美の20年以上に渡る人生。国籍の問題が今以上に厳しかったその時代に選んだ道を、誰が非難できようか。もしかしたら・・の思いは、私としてはとても切なく、だからこそ生きていけれたのだろうかと余韻が残る作品であった。

  • ann さん

    最近自分が死ぬ時のシチュエーションを色々真面目に考えてる。「あの時もう一つの方を選択していたら、、、」「あの時もっと自分の気持ちを伝えていれば、、、」私も息子には言えないあんな事やこんな事も、娘は汲み取ってきてくれたけど、主人公直美の、こんなに赤裸々な言葉を残せるなんて羨ましい人生。私の最期の時のワガママ、、、実はもうお願いしてある。

  • ピロ麻呂 さん

    余命わずかの母が娘に渡したテープ。その中で母が、父とは別の男を愛していた事実が語られる。時代は1970年、大阪万博で出会い、愛し合い、そして別れ…「胸の内に他の誰かを思い描かない既婚者などいない。」名言やなぁ。もし、違う人と結婚していたら全く異なる人生だったかも。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

蓮見圭一

1959年、秋田市生まれ。立教大学卒業後、新聞社、出版社に勤務。2001年に刊行したデビュー作『水曜の朝、午前三時』が各紙誌で絶賛され、ベストセラーになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品