ヌーヴォー切り絵

蒼山日菜

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309255460
ISBN 10 : 4309255469
フォーマット
出版社
発行年月
2012年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
47p 25×26cm

内容詳細

珠玉のレース切り絵、限りなく緻密で優美。各メディアで大きな話題を呼ぶ蒼山日菜が、表現の新たな地平を切り開き、見る者を未体験の世界へといざなう第二作品集。

【著者紹介】
蒼山日菜 : 1970年神奈川県横浜市生まれ。2000年より切り絵を始め、在住するヨーロッパで高い評価を受ける。2008年第6回トリエンナーレ・ペーパーアート・インターナショナル展覧会(CHARMEY美術館、スイス)グランプリ。2006年第8回、2007年第9回カンヌ国際展覧会「アートと世界の文化展」グランプリ・インターナショナル金メダル。2007年トリエンナーレ・パルメ・グランプリ・フランス外国人部門銀メダル。2007年Honfleur Franceコンテンポラリーアート展覧会優秀賞展覧会総合2位など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ひめありす@灯れ松明の火 さん

    これを、書くんじゃなくて切り抜いて作っていらっしゃるんですよね?ヌーヴォーというタイトルがぴったりの、何処にも直線の存在しない世界。耽美で残酷な、夢を見ているようでした。ここに収められている作品はどれもタイトルをつけていないそう。それも、夢に題名が付かないのと同じなのかな、と思って。でも、だったらみてる私がタイトルをつけていいのかな、とも思って。耳たぶの眠り、ガヴァネス、親指姫、蛇と花札、占星術し、水煙草、鱗粉、樅の木、再会、女主人、tatoo、カリグラフィティー。名付けてやっと夢から覚めた様な気持です。

  • sae さん

    【図書館本】この繊細さ・・・時間を忘れてどうなってんだろうこれ?!と眺めてしまう。「無我夢中で制作していくうちに世間の言う『才能』を身につけただけに思う。才能1%、やりたい気持ち99%」という言葉も素敵。

  • ybhkr さん

    フランス在住の切り絵作家さんの本。タイトルがヌーヴォー切り絵なのは新しいという意味ななか、アールヌーヴォーをイメージしているという意味なのか。ソロモン流でお見かけしてから気になっていた方だったのですが、今、個人的にペーパークラフト熱が高まっているので借りてみました。ペンで描くのも大変なほどの繊細な細い線を切り絵で表現するのはすごいこと。本で見てもこれだけすごいのだから、実物はもっとびっくりするような作品なんだろうなあ。いつか見れる日を楽しみにしています。前書きの世阿弥の言葉にグッときました。

  • SAIKI さん

    繊細な世界に圧倒されつつも、めくる手が止まりませんでした。綺麗、そして綺麗。現物を、光に透かして観てみたいなと思いました。

  • YUU さん

    人の手で作り出してるのが不思議ですごい!神業!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品