説明がつかない現象と私が生徒会に入った説明 青春と恋、そしてミステリー

葵日向子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784791627585
ISBN 10 : 479162758X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
287p;19

内容詳細

いま、恋する。いつか、恋する。あなたへ。結末はいつも想定外。胸をしめつける10のストーリー。

【著者紹介】
葵日向子 : 東京都生まれ。フェリス女学院大学文学部卒。2015年、舞台「百千さん家のあやかし王子」で脚本家デビュー。現在は舞台やテレビの脚本家として活動している

木爾チレン : 京都で暮らしている。第9回R‐18文学賞優秀賞を受賞。その後『静電気と、未夜子の無意識。』で単行本デビュー

狐塚冬里 : 猫飼い。著書の他、ドラマCD脚本やノベライズ作品を手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • のり さん

    桜の木の謎を軸に、学校のちょっとした出来事の真実を、って感じかな。友達レンタル部は面白かったかな。いつかさんのイラストが可愛い。生徒会の心霊見える子ちゃんがもう少し活躍するのかと思った。

  • 飲も飲も さん

    題名が長い…。高校生の青春!

  • 杜 さん

    青春してるなーって感じの短編集。さらっと読みやすく、くすっと笑えるものもあり。すべてではないけれど。ミステリー要素は……一応、軽めのがあるかな。

  • ゆかり さん

    パラ読み。怖い話かと思いきや、青春とか恋とかの話だった。それにちょいミステリーを絡めてる。

  • よっしー さん

    面白くなかったです。結末がさらっと終わりすぎること、エピソードが短かすぎるところ、ドキドキしなかったからです。ですがイラストは可愛いです。想像がより鮮明になります。全てを読んでいませんがオススメしません。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

葵日向子

東京都生まれ。フェリス女学院大学文学部卒。2015年、舞台「百千さん家のあやかし王子」で脚本家デビュー。現在は舞台やテレビの脚本家として活動している

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品