ワールドトリガー 22 ジャンプコミックス

葦原大介

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088823195
ISBN 10 : 4088823192
フォーマット
出版社
発売日
2020年06月04日
日本
シリーズ
:
追加情報
:
208p;18

内容詳細

ランク戦ROUND8、ヒュースはライバルに囲まれ、深刻なダメージを受ける。勝負の鍵は、千佳が人を撃てるかどうかと、対・二宮の戦略にかかる。玉狛第2の近界遠征が懸かったB級ランク戦上位最終戦、決着!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • exsoy さん

    修の隠し玉はやっぱり地味。だけどそこに至るまでの過程でオプションを作って、騙し、イレギュラーも味方につけるのは玉狛第二では(面子的に)修にしか出来ないことだと思う。「勝った」はフラグでしかないがw

  • JACK さん

    ☆ 玉狛第2が近界に行く選抜メンバーに選ばれるためには、B級ランキングの上位2チームに入らなければならない。エースの空閑とヒュースは抜群の力を持つが、リーダーの修はB級上位と戦うには力不足で、千佳はまだ人を撃つことが出来ずにいる。修の立てた作戦で最終戦を勝つことが出来るのか…。この巻も個人技よりもチームワークと戦略が大事という点がしっかり強調されており、どうやって逆境を跳ね返すのか想像するのが楽しい。実によく練られた物語だと思います。アニメ第2期が決まったというのでそちらも楽しみに待ちたい。

  • 白火 さん

    本誌で読了済みでその時点でも圧巻だが単行本で一気に読むと相変わらず見事に綺麗に繋がっている。あれだけ言われた二宮に見事にその手で刃(※弾丸だけど)を突き刺してみせた、修の「勝った」は万感。

  • 毎日が日曜日 さん

    ★★★★

  • beniko さん

    期待以上!B級上位戦の最終戦は二宮隊vs玉狛第二vs弓場隊vs生駒隊。どこも強敵なので始まる前からドキドキ。事前の作戦や練習、情報収集のときの会話すらも面白い。もう、みんながみんな魅力的ですが、特に今回、玉狛第二は一人一人が成長してて胸熱でした。最後の最後で勝ちを奪った修もすごいし、自分自身の壁を自分の意思で乗り越えた千佳も偉かったし、遊真は常に進化しているし。中でもヒュースが!!千佳に対しても、戦い方にしても、本当にいい子だ〜としみじみ。二宮さんが20歳というのが地味に驚愕。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

葦原大介に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品