デジタルネイチャー 生態系を為す汎神化した計算機による侘と寂

落合陽一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784905325093
ISBN 10 : 4905325099
フォーマット
出版社
発行年月
2018年06月
日本

内容詳細

いま最も注目の研究者にしてメディアアーティスト、落合陽一の最新作!

十分に発達した計算機群は、自然と見分けがつかない――
デジタルネイチャー、それは落合陽一が提唱する未来像でありマニフェストである。
ポストモダンもシンギュラリティも、この「新しい自然」の一要素にすぎない。否応なく刷新される人間と社会。それは幸福の、経済の、民主政治の再定義をもたらす。新たなるパラダイムはここから始まる……!

「我々は、「ゲート」や「つなぎ目」のない世界を生み出し、標準化を多様性で置き換え、個人の幸福や不安といった人間性に由来する強迫観念をテクノロジーによって超越しうる。我々にとって必要なのは、テクノロジーが向かう未来へのビジョンと情熱だ。」(あとがきより)

目次(一部抜粋)

第1章 デジタルネイチャーとは何か――オーディオビジュアルの発明、量子化、デジタル計算機、そして計算機自然、デジタルネイチャーへ
機械と自然が融合する時代が始まる/メディアアーティストとしてのエジソン/電流戦争から100年後の直流的デジタル社会/〈近代〉を規定する「エジソン=フォード境界」を乗り越える/「AI+BI型」と「AI+VC型」に分化する社会/「タイムマネジメント」から「ストレスマネジメント」の時代へ

第2章 人間機械論、ユビキタス、東洋的なもの――計算機自然と社会
〈人間〉と〈機械〉の統一理論・サイバネティクス/「End to End」という魔術/サイバネティクスとユビキタスを思想的に継承する/計算機自然が〈人間の補集合〉となる

第3章 オープンソースの倫理と資本主義の精神――計算機自然と自然化する市場経済
マルクスとウェーバーに還って現代のエコシステムを考える/オープンソースの倫理と資本主義の精神/絶えずリセットされ続ける市場の出現/「脱倫理性」がもたらす可能性

第4章 コンピューテーショナル・ダイバーシティ――デジタルネイチャー下の市民社会像、言語から現象へ
リアル/バーチャルからマテリアル/バーチャルへ/〈人間‐機械〉の中間領域にあるオルタナティヴ/コンピューテーショナル・ダイバーシティ/ダイバーシティにコミュニティや社会の意思決定を最適化する

第5章 未来価値のアービトラージと二極分化する社会――デジタルネイチャーは境界を消失させる
〈楽園〉の世界と〈奴隷〉の世界の二項対立を乗り越える/第三のてこの原理「アービトラージ」/帝国に対抗する「ラボドリブン」の可能性

第6章 全体最適化された世界へ――〈人間〉の殻を脱ぎ捨てるために
コード化によって変わる遺伝的多様性/ロボティクスとVRによって解放される「身体」/解体される「自我」「幸福」「死」の概念/失われた多様性をインターネットが担保する/人間の寿命を超えた知性が出現する

終章 思考の立脚点としてのアート、そしてテクノロジー――未来を予測する最適の方法としての
〈超人〉・〈身体性〉からデジタルネイチャーへ/〈物質〉と〈実質〉の境界を突破する/〈生命〉と〈機械〉の新しい関係/不可視のデータ、そして重力からの解放へ/風景と計算機自然

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • けんとまん1007 さん

    なかなかに理解できない1冊。というのは、1回だけでは、かみくだけないということ。それでも、頷ける視点がいくつもある。人は自然の一部であり、かつ、今の技術の中にも置かれている。その先にあるのは、それらが融合する方向へいくのだろうということ。ただし、それを感覚的であっても、なかなか想像できないのが、今の自分。しかし、侘と寂という言葉がでてくるとは。

  • Tenouji さん

    おぉ、ともすればデジタル技術に対しては、自然回帰的な懐古主義的な話しがふき上がるわけですが、落合氏は、言葉を経ないデジタル化の方向にこそ、自然の意思:全体性と個の自由の両方がある、というわけです。

  • planetmbit さん

    これは一読で分かったつもりになっては駄目そうですね。。前著の「魔法の世紀」よりも本人の考えを直接文章化している分、決して理解しやすい訳では無いですが、読んだ後に、数日経ってあれってそういう事、っと日々の他の書籍やニュースなどのインプットで理解が補完されていく感覚。なんどか読み返す必要ありです。

  • 春風 さん

    『〈精神〉は人間知能と機械知能の融合体として表現され、社会構造は〈自然〉へと溶け込む。人々は世界を認識するときに、それが「自然」なのか、あるいは「計算機による自然」なのかを意識することはなくなるだろう』という。また華厳の言葉にいう〈理事無碍〉をEnd to Endという意味で〈事事無碍〉と語り直す。近代はテクノロジーにより超克すると著者は予見し、それを見定めるためにアートを以ってビジョンを実践する。本書はデジタルネイチャーが齎す在り方の変化、心身の拡張可能性のビジョンを披露し、世に問うた心情告白書である。

  • サイバーパンツ さん

    ユビキタス・コンピューティングが発展した先に、バーチャルとリアル、人間と機械の境界が曖昧になり、あらゆる感覚が拡張されることで、やがて自然と見分けがつかなくなる「デジタルネイチャー」に備えて、イデオロギーではなくテクノロジーで脱近代化しようと著者は言うが...。テクノクラート信仰に半端な人文知を繋ぎ合わせて、SF映画のような夢物語を描いた感じで胡散臭さが漂う。松岡正剛や西垣通みたいな地に足のついた胡散臭さではないので読み物としても今ひとつ。前著の悪いところが前面に出てる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

落合陽一

メディアアーティスト。1987年生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程修了(学際情報学府初の早期修了)、博士(学際情報学)。筑波大学図書館情報メディア系准教授・デジタルネイチャー推進戦略研究基盤代表・JST CREST xDiversityプロジェクト研究代表。大阪芸術大学客員教授、デジタルハリ

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

  • 【特集】読んで学ぶ・知る「新型コロナウイルス」「感染症」 今読まれている、新型コロナウイルス・感染症関する本。ベストセラー/医学系専門書/文芸・新書などをご紹介。 |2020年05月11日 (月) 11:30
    【特集】読んで学ぶ・知る「新型コロナウイルス」「感染症」
  • 【特集】医学・看護・薬学専門書籍 イヤー・ノート、クエバン、今日の治療薬など、医学・薬学・看護系を目指すのに欠かせない、医学・医療系専門書をご紹介。 |2020年04月09日 (木) 00:00
    【特集】医学・看護・薬学専門書籍
  • BLSヘルスケアプロバイダーコースの本 病院の内外で実践できる,個人およびチームのBLSスキルを指導する『BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル』のほ... |2016年02月10日 (水) 16:45
    BLSヘルスケアプロバイダーコースの本
  • 神経学を学ぶ学生必携の書 画像検査から緩和ケアまで、最新の内容を盛り込み、神経学の教科書として時代に即した内容が自慢の『臨床神経内科学』。本改... |2016年02月10日 (水) 16:33
    神経学を学ぶ学生必携の書
  • 内科、外科1700疾患を1冊に凝縮 多くの病棟で常備され,看護師をはじめ,様々な医療従事者に利用されている『イヤーノート 2017 内科・外科編』。認定... |2016年02月10日 (水) 16:23
    内科、外科1700疾患を1冊に凝縮
  • 3種類から選べる『理科年表』 自然科学を全分野にわたって集約した「自然界の辞典」ともいえる『理科年表 平成28年』。通常版のほかに、文字が大きく読... |2016年01月13日 (水) 17:16
    3種類から選べる『理科年表』

おすすめの商品