デジタルネイチャー 生態系を為す汎神化した計算機による侘と寂

落合陽一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784905325093
ISBN 10 : 4905325099
フォーマット
出版社
発行年月
2018年06月
日本

内容詳細

いま最も注目の研究者にしてメディアアーティスト、落合陽一の最新作!

十分に発達した計算機群は、自然と見分けがつかない――
デジタルネイチャー、それは落合陽一が提唱する未来像でありマニフェストである。
ポストモダンもシンギュラリティも、この「新しい自然」の一要素にすぎない。否応なく刷新される人間と社会。それは幸福の、経済の、民主政治の再定義をもたらす。新たなるパラダイムはここから始まる……!

「我々は、「ゲート」や「つなぎ目」のない世界を生み出し、標準化を多様性で置き換え、個人の幸福や不安といった人間性に由来する強迫観念をテクノロジーによって超越しうる。我々にとって必要なのは、テクノロジーが向かう未来へのビジョンと情熱だ。」(あとがきより)

目次(一部抜粋)

第1章 デジタルネイチャーとは何か――オーディオビジュアルの発明、量子化、デジタル計算機、そして計算機自然、デジタルネイチャーへ
機械と自然が融合する時代が始まる/メディアアーティストとしてのエジソン/電流戦争から100年後の直流的デジタル社会/〈近代〉を規定する「エジソン=フォード境界」を乗り越える/「AI+BI型」と「AI+VC型」に分化する社会/「タイムマネジメント」から「ストレスマネジメント」の時代へ

第2章 人間機械論、ユビキタス、東洋的なもの――計算機自然と社会
〈人間〉と〈機械〉の統一理論・サイバネティクス/「End to End」という魔術/サイバネティクスとユビキタスを思想的に継承する/計算機自然が〈人間の補集合〉となる

第3章 オープンソースの倫理と資本主義の精神――計算機自然と自然化する市場経済
マルクスとウェーバーに還って現代のエコシステムを考える/オープンソースの倫理と資本主義の精神/絶えずリセットされ続ける市場の出現/「脱倫理性」がもたらす可能性

第4章 コンピューテーショナル・ダイバーシティ――デジタルネイチャー下の市民社会像、言語から現象へ
リアル/バーチャルからマテリアル/バーチャルへ/〈人間‐機械〉の中間領域にあるオルタナティヴ/コンピューテーショナル・ダイバーシティ/ダイバーシティにコミュニティや社会の意思決定を最適化する

第5章 未来価値のアービトラージと二極分化する社会――デジタルネイチャーは境界を消失させる
〈楽園〉の世界と〈奴隷〉の世界の二項対立を乗り越える/第三のてこの原理「アービトラージ」/帝国に対抗する「ラボドリブン」の可能性

第6章 全体最適化された世界へ――〈人間〉の殻を脱ぎ捨てるために
コード化によって変わる遺伝的多様性/ロボティクスとVRによって解放される「身体」/解体される「自我」「幸福」「死」の概念/失われた多様性をインターネットが担保する/人間の寿命を超えた知性が出現する

終章 思考の立脚点としてのアート、そしてテクノロジー――未来を予測する最適の方法としての
〈超人〉・〈身体性〉からデジタルネイチャーへ/〈物質〉と〈実質〉の境界を突破する/〈生命〉と〈機械〉の新しい関係/不可視のデータ、そして重力からの解放へ/風景と計算機自然

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 一足庭 さん

    この本は、たった300ページで3000円だが、3000万円の価値がある。それだけ、読んでいるか、読んでいないかで人生の生き方が変わるかもしれない本だ。問題は、生涯年収とかではないのだ。自分がどういう風に生きたいか、それにつきる。そして、そのために何かを心底楽しんでやること。そんな視座を、明確に、あくまで論理的に与えてくれたから、ムリヤリ説得されてしまった。 読んだあと、どう生きればいいんだ、と途方にくれていたが、数日後には何かやらないと、いや、やりたい、といてもたってもいられなくなり、今に至る。

  • ゆうきなかもと さん

    やっと一読できた。 でも、あんまり消化できてない。 今、自分なりの理解を自分なりにまとめるならば、以下のようになる。 『コンピュータテクノロジーの発達により、近い未来、いや、すでに、近代は超克されつつある。そして、近代が超克された後、きっと、近代的な精神や肉体の限界を超えた素晴らしい世界が、待っている。そして著者の、メディアアーティストとしての活動も、その実現のためにあるのだ。』 まあ、再読するだろうね。僕は難読書愛好家だからね??

  • チャン マイ さん

    ちまちま読んでは調べ、戻りを繰り返し1ヶ月。長かった・・・。しかし1回読んで終わりになる代物ではない。 個としては“モチベーションの根底を成すアート的な衝動”が鍵になってくると思うので、意識しておこう。

  • ひろき さん

    「これまで人間的な問題とされてきた倫理性が、人間的な領域を離れた不可知的な部分で処理されるようになることで、これまで解決不能だった問題が解決できる新しい可能性が現れる」(p152)倫理感の外在化は共感の源となる想像力の劣化を意味する。それは社会の二分化の片方であるAI+BI型の領域だけで発生するのだろう。エヴァの人類補完計画、マトリックスの世界観、両者に似たデジタルネイチャーに抵抗感があるのは想像力が劣化した世界への不安によるものか。ただ、テクノロジーによりフェアを志向する落合陽一さんの活動は応援したい。

  • 酩酊石打刑 さん

    インターネットの世界に親しむようになって、仮想空間での自己史とは隔離された世界を楽しんでいた。それがこのところ電脳世界は、仮想空間から拡張現実へと変化しているとの事実に気づかされた。それは世界とのかかわりを断ち、ほとんど隠遁生活を決め込んでいたわたしの感性を刺激するものである。このところは、また社会や世界について悩まし気な思いに囚われることになってしまった。そんな中での本書。老いさらばえたわたしを悩まし気に楽しませてくれた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

落合陽一

1987年、東京都に生まれる。東京大学大学院情報学環・学際情報学府博士課程修了。メディアアーティスト。博士(学際情報学)。専門は、CG、HCI、VR、視・聴・触覚提示法、デジタルファブリケーション、自動運転や身体制御など。現在、筑波大学デジタルネイチャー推進戦略研究基盤基盤長。筑波大学准教授および学

プロフィール詳細へ

落合陽一に関連する商品情報

  • 【11/19放送情熱大陸】落合陽一 大反響!メディア・アートの「魔法使い」こと、科学者・落合陽一に密着。父はあの国際ジャーナリスト、落合信彦。父親とはまったく分野の違う道で活躍しながら、親譲りの文章力と説得力で読者を魅了! HMV&BOOKS online|2017年11月20日(月)

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品