SHM-CD

With Gil Evans

菊地雅章 / Gil Evans

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCJ4074
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

内容詳細

幅広いファンから支持される名盤シリーズ“JAZZ the BEST”待望の日本人アーティスト編。菊地の呼びかけにより初来日したギル・エヴァンスが、邦人ミュージシャンらの才能をコンダクトした傑作。迫力のプレイを堪能できる一枚だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. イクタス
  • 02. サラブレッド
  • 03. ブリーステス
  • 04. ラヴ・イン・ジ・オープン (テイク1)
  • 05. 驟雨
  • 06. #11
  • 07. クライ・オブ・ハンガー (ボーナス・トラック)
  • 08. ラヴ・イン・ジ・オープン (テイク2) (ボーナス・トラック)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
Jazz界最高の巨人でありながら、レコード会...

投稿日:2009/05/31 (日)

Jazz界最高の巨人でありながら、レコード会社から無視され続けたGilの数少ない正規録音。メンバーのほとんどが邦人で、いま見ても目が眩むほどの名手揃い、当時の日本Jazzのレベルが物凄かったことがよく判ります。ボーナストラックも含め、すべて歴史的な価値をもつ名演ですが、特に最後のLove in the open(take2)は、録音に残されたGil Evans Orchestraの中でも、滅多に聞けないGil Magicの真髄が堪能できます。Gilが亡くなってはや20年、GilとMilesに匹敵する前向きさを持つ人は未だに現れていないですね....

mimi さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
殆ど録音機会に恵まれなかったギルが、Mピ...

投稿日:2009/04/26 (日)

殆ど録音機会に恵まれなかったギルが、Mピーターソン、Bハーパーなど秘蔵子を引き連れ録音した名盤。メンバーの大半が日本人だが水準は極めて高い。アナログ時代何度も聞いた覚えがある。長らく廃盤だったが、ボーナストラック(以前CD化された時と同一か否か不明)も追加されている。今回は是非購入したい。これを契機にプーさんは渡米、ギルのバンドで活躍する一方、ギルと関係の深いマイルスに急接近してゆくことになる。

艸 さん | 宮城県 | 不明

0

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品