硬い爪、切り裂く指に明日

菅野彰

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309027432
ISBN 10 : 4309027431
フォーマット
出版社
発行年月
2018年11月
日本
追加情報
:
270p;19

内容詳細

宮城県の海のある街に暮らす平良はもうすぐ16歳の誕生日を迎える。極端に若く見える眞宙が実の父親ではないと気づきながらも、かたわらに在り続けることを強く望む平良。眞宙と平良の本当の関係は?そして左腕に残る火傷の痕に隠された真実とは―。

【著者紹介】
菅野彰 : 福島県生まれ。小説家、エッセイスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みやこ さん

    たとえそれが黒だったとしても。あんなふうに愛情を向けられた相手に対して、正しさをまっすぐに突きつけることが私にはできるだろうか?彼は誰?自分は何故ここにいるの?際限なく与えられる愛を受け止めながらも、その愛を与えてくれる相手が簡単に消えてしまう可能性が否めない怖さ。平良はよくもそこまで真っ直ぐに育ったと思うけれども、逆にそれはその年で抱えなくてもいいものを抱え込んで懸命に読み解こうとしてきた彼の歪み。愛は消えない。消せない。それが真実。与えられた愛情は本物。それだけが信じられればいいと。心の底から希う。→

  • ダージリン さん

    胸が痛くなるような優しさに満ちた物語で、平良と眞宙の在り方が気がかりで一気に読んだし、読んだあとの余韻に浸りつつも色々考えてしまいました。ふたりがこのままでいられたらいいと願ってしまう。

  • かすり さん

    平良は高校生。震災後造成された新興住宅地に父眞宙と暮らす。父子家庭でも眞宙は何不自由なく平良を育ててくれているが、眞宙が隠している平良の出生の秘密やどこに越しても月一度眞宙を訪ねてくる謎の男のこと、記憶にない左腕の火傷のことを眞宙には尋ねられないでいる。しかしそれらのことより平良が気になっているのは、眞宙が時おり見せる闇の深さだった。…こういう読み方はいけないのかもだけど、晴天シリーズの秀と勇太のあったかもしれないもう一つのの物語として読んだ。眞宙は社会不適合者で、それは彼自身のせいではないかもしれないが

  • もか さん

    図書室本。2人のこれからが気になる。

  • pyo さん

    新年早々、どストライクなお話に出会えてラッキーです。ちょっとだけ引っかかったのは、彼らは住所と一緒に本籍も仙台に移してたのかな?ってことです。戸籍謄本は本籍地でないと取得できないはず。偽造戸籍なら、あやしまれないよう、役所関係の手続きは最小限にするような気がするけど。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

菅野彰

福島県出身。小説、漫画原作、エッセイ、戯曲を執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品