観察の練習

菅俊一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784909242013
ISBN 10 : 4909242015
フォーマット
出版社
発行年月
2017年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
菅俊一 ,  
追加情報
:
254p;16

内容詳細

目次 : 第1章 「痕跡から推測する」/ 第2章 「先入観による支配に気づく」/ 第3章 「新しい指標で判断する」/ 第4章 「その環境に適応する」/ 第5章 「世界の中から構造を発見する」/ 第6章 「理解の速度を推し量る」/ 第7章 「リアリティのありかを突き止める」/ 第8章 「コミュニケーションの帯域を操作する」

【著者紹介】
菅俊一 : 研究者/映像作家。多摩美術大学美術学部統合デザイン学科専任講師。1980年東京都生まれ。人間の知覚能力に基づく新しい表現を研究・開発し、さまざまなメディアを用いて社会に提案することを活動の主軸としている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Susumu Tokushige さん

    日常の違和感を感じとる訓練本。まず写真を見て、その違和感を感じ取り、著者の感じた違和感と照らし合わせる。『すわってステーキ 1gあたり5.5円』の看板写真は、いきなりステーキの逆か…と思ったが、それが普通のスタイルなのに逆転して捉えてしまう違和感が面白い。最も衝撃を受けたのは、マクドナルドのハンバーガーの包み紙の写真。包み紙には、3種類のハンバーガーの名前が書かれている。つまり包むときに対象の名前が上に来るように包んでいるってこと。このコスト削減策に、今の今まで全然気が付かなかった。これ今すぐ確かめたい!

  • カナン さん

    観察、大好きです。写真集もよく見ますが、その中から「日常の中の小さや違和感」を探すのが楽しい。「なぜここに手すりがあるのだろうか?」など。いろいろな気づきの楽しさを味わえました。「お当弁」は気がつかなかった!

  • Tenouji さん

    「お当弁」に、気づかなかった…。

  • zel さん

    見事。写真とともに著者の気づきが書かれている。ふつうだけど、ちょっとした気づき。自分も気付ける人になりたい。「さあ、観察を練習しよう。そして世界に溢れている面白さに気づいていこう。それさえできれば、きっと前より少しだけ、生きることが楽しくなるはずだ。」

  • yu yu さん

    違和感を考える。先に進めないのでウォーキングには向かないかもしれない。面白かったです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品