ポリ袋で作ろう!餃子、めん、パンを

荻野恭子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579213153
ISBN 10 : 4579213157
フォーマット
出版社
発行年月
2018年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
82p;26

内容詳細

ポリ袋に生地の材料を入れて、少しこねて、休ませるだけ。ボウルを使うよりも、生地がぐんと発酵しやすくなります。

目次 : まずは餃子から!/ 油を加えた基本の生地で定番の点心を!/ 基本の生地で麺も!/ 麺のふるさと中国の名物麺/ 基本の生地で世界のパンも!/ 基本の生地を1〜2日おいて微発酵生地に!/ ポリ袋で作るイーストを使ったパン生地/ ポリ袋で作るタルト生地のスイーツ

【著者紹介】
荻野恭子 : 東京生まれ。料理研究家。栄養士。女子栄養短期大学卒業。(旧)恵比寿中国料理学院で師範の免許修得。各種の料理学校で世界の料理を学ぶ。1974年からはロシアをはじめ、イラン、トルコ、中国、韓国など、ユーラシア大陸の50か国以上を訪れ、現地の家庭で料理を習い、食文化の研究を続けている。自宅にて「サロン・ド・キュイジーヌ」主宰。TVの料理番組や雑誌で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 美登利 さん

    空腹時に読んではいけない本だった!うどん、パン好きの私にはどれもこれも作りたい(食べたい)ものばかり。一時期糖質制限、特に小麦粉はダメですよ!と私はプチ糖質制限してみたけれど2ヶ月で断念しました。うちは米農家だから、ご飯はいつでも食べられるけれどやはり小麦粉はやめられないです。特にパンの黄金色に魅了されまくっています。ポリ袋の調理法は他の料理家さんの小麦粉以外のレシピも試したことはありますが、この本のレシピは時間もあまりかからずに作れるところが魅力的です。1品作るとしたら何にしようか、悩むわ。

  • ロバパン さん

    図書館で借りた本です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品