ピン・ザ・キャットの優美な叛乱

荻世いをら

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309022055
ISBN 10 : 4309022057
フォーマット
出版社
発行年月
2013年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
151p;20

内容詳細

六月、愛猫のあじが二度目の想像妊娠に入った翌週、ピンはやって来たのだが…新たな「猫小説」の誕生。

【著者紹介】
荻世いをら : 1983年生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。2006年、「公園」で第四三回文藝賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 秋製  さん

    一見、堅苦しく感じる内容だったけど「何故そう思う?!」と、不思議な感覚に囚われた話でした。 そういう意味ではとても面白く感じました。

  • HoneyBEE さん

    彼と彼女と、あじとピン。名前があるのは猫様だけ。時間軸が少しかぶりながら、三人称視点で、猫と生活することを物語る短編三つ。猫の存在とは不思議なものです。元のらねこのあじと、箱入りピン、その性格の違いの描き方が細かい。

  • いたろう さん

    タイトルと表紙画から小洒落た話を予想していたら、何だかとりとめもない感じ。話が面白くないだけでなく、ただあらすじを追っているだけのような文章はひどく読みにくく、AとかBとか、記号で書かれる登場人物は、全く現実味が感じられず、話に入って行けない。

  • カピバラ さん

    表紙が可愛くて読み始めたが、意外と重たい内容だった。書き方が往年の外国小説みたいだった。それにしても、猫の想像妊娠か…。

  • ようた さん

    Aが飼っている猫が妊娠。産まれるのは今か今かと待っているものの、結局は猫の想像妊娠だった。タイトルや装丁からお洒落で可愛い小説かと想像していましたが、難解でした。猫や赤ちゃんの突飛な行動が面白くて、不気味でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品