往生写真

荒木経惟

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784582278118
ISBN 10 : 4582278116
フォーマット
出版社
発行年月
2014年04月
日本
追加情報
:
333p;19X25

内容詳細

荒木経惟「往生写集」展にあわせて刊行された写真集。

第1回太陽賞受賞作「さっちん」や「センチメンタルな旅・冬の旅」「チロ愛死」などの名高い作品から、最新作「8月」「去年の戦後」「道路」まで、荒木が50年に渡って見つめてきた生と死のすべてを収録。写真点数300点(モノクロ/カラー)。

執筆=浜田優、マリオ・ペルニオーラ、藤野可織
デザイン=名久井直子
和英併記
「荒木経惟 往生写集」展=2014年4月22日~6月29日、豊田市美術館/8月9日~10月5日、新潟市美術館/10月22日~12月25日、資生堂ギャラリー

【著者紹介】
荒木経惟 : 1940年5月25日、東京、三ノ輪に生まれる。1963年千葉大学工学部写真印刷工学科卒業、電通に入社。1964年第1回太陽賞を受賞。2008年オーストリア政府より、オーストリア科学・芸術勲章受章。オーストリア科学・芸術アカデミーの生涯会員となる。2011年新潟市より第6回安吾賞受賞。2013年「荒木経惟写真集展アラーキー」で毎日芸術賞特別賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • こばまり さん

    この春、豊田市美術館を皮切りに全国3箇所で開催の個展にあわせて刊行された作品集。私の手元にある一冊はジャケが異なり、表表紙は自宅マンションのバルコニーでくつろぐ陽子さん。裏表紙は陽子さん亡き雪のバルコニーに跳ねるチロ。集大成と言える1冊です。東京では2014年10月22日より、資生堂ギャラリーにて開催される由。

  • tu-bo@散歩カメラ修行中 さん

    荒木経惟の遺言ともとれる 写真集です。※本人は、まだ生きていますけど。

  • くさてる さん

    性と死。充満している生々しさとどうしても届かない空虚さ。「おそらく生きていくということは、活気づきつつ衰えていくことなのだ」という浜田優による解説の一文がすべてを現しているような写真集でした。また、同時に収録されている藤野可織の「Aと私たちみんなの秘密」という短篇が、短篇としても独立しているし写真集の解説としてもすごく良かったです。

  • 片腕の雨巫女。 さん

    《私−図書館》陽子さんもチロも登場。チロが、年老い死を迎える姿は、辛かった。実家のれおも、だいぶん年をとってきたから、切なくなる。

  • izw さん

    引き込まれて思わず最後までページを繰ってしまった。最初眺めたとき、同一場所の経年変化を捉えたシリーズに魅かれたが、後から作品リストをみると「愛のバルコニー」「道路」という作品だった。「チロ愛死」「冬の旅」「センチメンタルな旅・春の旅」という死をテーマとした作品はストーリー性が強く、目頭が熱くなった。「空景」「東の空」は空・雲がこんな表情を見せるのかと感激。「8月」「去年の戦後」の壊れた画面は何だろうと思ったら、割れたレンズを通して撮った写真らしい。数多くの何気なさそうなスナップ写真も味わいがある。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

荒木経惟

1940年、東京三ノ輪生まれ。千葉大学工学部写真工学科卒業。電通を経て、1972年以降フリー。写真集は数多く、その数は500点を超える。個展も、国内外で、数多く開催(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

荒木経惟に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品