天才アラーキー写真ノ時間 集英社新書

荒木経惟

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087201727
ISBN 10 : 4087201724
フォーマット
出版社
発行年月
2002年12月
日本
追加情報
:
18cm,251p

内容詳細

大人気の「天才アラーキー写真ノ方法」に続く第2弾。展開されるのは最新「撮れたて」写真の数々。様々な写真を通じて語られるのはアラーキーの生きる哲学そのもの。ますます元気をもらえる1冊。

【著者紹介】
荒木経惟 : 1940年、東京の下町、台東区三ノ輪生まれ。写真家。都立上野高校を経て千葉大学工学部写真学科卒。著書は一五〇冊以上あり、近著はドイツの美術出版社タッシェン刊行の超大型写真集『ARAKI』、また『去年』『再び写真へ』(ともにAaT RooM刊)など。日本を代表する写真家として海外でも評価は高く、2001年に開かれたフィレンツェでの個展はバティカンが異例の声明を出すなど大反響を呼んだ。2002年にはヴェネツィア、韓国などで大個展を開催(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • keroppi さん

    昨日、荒木さんの写真展に行ってきて、今日、この本を読み終えた。撮影現場の文字による再録もあり、荒木さんの写真に対する想いを感じることが出来たように思う。

  • まにまに さん

    この人やっぱり只者じゃないなぁ。

  • sumaco さん

    個人的には前作の方が好き。アラーキーの撮影現場でのモデルに声をかける様子などの文字起こしはあえてやったんだろうけど、あんまりいらなかったかな。。

  • kerokero8 さん

    2010

  • にーちぇん。 さん

    リアル、いま、その場。写真家荒木経惟のあたまのなかを見たような一冊。全編、彼の話し言葉をそのまま記述したものであり、新書でありながら新書らしくない一冊。現代の写真家に足りない、『写真を用いてなにを為すか。』という題について考えさせられる言葉の数々。見習うべき点多き彼の生き様、とくとご覧あれ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

荒木経惟

1940年、東京三ノ輪生まれ。千葉大学工学部写真工学科卒業。電通を経て、1972年以降フリー。写真集は数多く、その数は500点を超える。個展も、国内外で、数多く開催(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

荒木経惟に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品