チロ愛死

荒木経惟

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309272122
ISBN 10 : 4309272126
フォーマット
出版社
発行年月
2010年09月
日本
追加情報
:
14×20cm,1冊(ページ付なし)

内容詳細

ベストセラー「愛しのチロ」でも知られる、アラーキーの愛猫チロ。22年をともに生きたチロの死を看取り=見撮り、チロへの深い愛を、切ないまでに焼きつけた、感動の写真集。

【著者紹介】
荒木経惟 : 1940年、東京生まれ。千葉大学工学部卒業。第一回太陽賞受賞。オーストリアより科学・芸術勲章を受ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • masa@レビューお休み中 さん

    村山由佳さんの帯に惹かれて読んでしまった。アラーキーの写真は苦手なのに、最後まで本を閉じることができなかった…。卑怯だ。卑怯だよ。途中で最後に何が撮られているのがわかっているにも関わらず、続きを追ってしまう。そんな読者の心理をわかっていて撮っているようにすら思えてしまった。愛猫のチロの晩年の様子をひたすらドキュメンタリーのように撮った写真集。これを見て、恐ろしいと思ったのは…。写真家というものは、どんな状況でもファインダーを覗いた世界ではしか表現ができないということだった。ある意味不器用なのかもしれない。

  • 真澄 さん

    図書館内で読了。写真家アラーキー2作品目。ベランダ?で散らばったオモチャとチロがいる写真といない写真の対比が物悲しさを感じさせる。先に亡くなっている奥様の陽子さんの写真もあり、愛する者たちを亡くした荒木氏の哀しさをひしひしと感じられる。生(性)と死の対比がなんとも。

  • ちえ さん

    お父さんが帰ってくるのを毎日待っていたんだね、チロ。潤んだ瞳。文字は殆どはない。チロの写真の間に仕事で撮っただろう写真。どんな時にも生きていかなくちゃならない…と突きつけられたように感じ言葉に詰まる。挟まるヨーコさんが撮っただろうチロと写真家の写真、ヨーコさんの写真も。主が居ない爬虫類がいっぱいのベランダ…10年を隔ててその日の写真家自身の写真二枚。そして続く空、空、空…。愛する者を亡くした写真家の心のうちをそのまま写し取ったよう、圧倒され、今感じている気持ちを表す言葉がない。

  • 澤水月 さん

    目の光。尖った背骨。猫を飼うものならば分かる…迫る「その時」。愛しのチロから20年の2010年までまさか…全うしたと今知りすぐ見る。刺さりすぎて涙も…毒々しい花は明らかに性器、美しさより生々しさの女性裸体とともに虹の橋を渡りつつあるチロと強烈に対比する。無関係ではなく、花、女体の形や破れポスターまでチロの体位に対応…「その日」は日付なし。恐らく最後に目を合わせた日付はありチロは天才Aのモデルと愛人を全うしたのだ(陽子さんの時もあった空描写、一月後の物はチロで覆われている)。そして妻より先の姿まで!(続

  • keroppi さん

    愛猫チロへの愛と別れの哀しみ。2009年12月5日から2010年5月5月までの映画のようなドキュメント。写真集で泣けるなんて。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

荒木経惟

1940年東京都生まれ。千葉大学工学部写真印刷工学科を卒業後、電通にカメラマンとして入社。1964年「さっちん」で「第1回太陽賞」を受賞。1971年に妻・陽子との新婚旅行を收めた『センチメンタルな旅』を自費出版。翌年よりフリーとなる。被写体との個人的な関係性を写した「私写真」、強烈なエロス(生、性)

プロフィール詳細へ

荒木経惟に関連するトピックス

  • 荒木経惟+荒木陽子 「東京は、秋」 東京とのを私写した名作がワイド+ダブルトーンになって20余年ぶりに復刊。妻・荒木陽子との対話がアラーキーの原点と本質... HMV&BOOKS online|2016年11月16日 (水) 15:50
    荒木経惟+荒木陽子 「東京は、秋」

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品