もっと知りたいラファエル前派 アート・ビギナーズ・コレクション

荒川裕子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784808711313
ISBN 10 : 4808711311
フォーマット
出版社
発行年月
2019年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
96p;26

内容詳細

目次 : 1 1848年〜1853年 ラファエル前派兄弟団の誕生―芸術における革命(アカデミーへの異議申し立て/作品をめぐる評価/ 「美術史」との対話(1) ほか)/ 2 1853年〜1860年頃 グループの崩壊と新たな広がり―それぞれの道へと踏み出す(オリジナル・メンバーの離散/ネットワークの拡大/ ラファエル前派の「姉妹団」 ほか)/ 3 1860年頃〜1882年頃 第二世代の形成とスタイルの変容―新たな美意識の芽ばえ(自然描写から感覚的な美へ/美を介した交流の広がり/ 「唯美主義」の隆盛 ほか)/ 4 1882年頃〜1930年頃 ラファエル前派の影響の広がり―「第三世代」への継承(評価の確立/参照源としてのラファエル前派/ 国外への波及)

【著者紹介】
荒川裕子 : 神奈川県藤沢市生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。法政大学キャリアデザイン学部教授。専門はロマン主義からヴィクトリア朝までを中心とするイギリス美術史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • takakomama さん

    「ラファエル前派の軌跡」展の予習。中心になった3人と仲間たち、第2、第3世代まで、たくさんの人が出てきます。

  • Great Eagle さん

    先に美術館でラファエル前派を鑑賞してこんなのもあったのかと知り、今回読んでみました。あまり知られていなかったみたいですが、これから再評価されてくるのかも知れませんね。

  • ゆうゆう さん

    ラファエル前派の根幹は「自然をありのままに再現すべき」というラスキンの美術に対する思想による。私はリアリズム描写を好むので、非常に理解しやすい。オフィーリアの詳細を知れて参考になった。ロセッティの描き方も特徴的で美しい…。のちにギュスターヴ・モローやクリムトに繋がっていくのだと思うと少しずつ美術史の世界が広がっていく。楽しい。

  • kaz さん

    ラファエル前派と言えば、ロセッティやミレイの絵を断片的に知っているくらいだったが、その成り立ちや動向等を眺めてみると、その後の絵画に与えた影響等が何となくわかってくるような気がする。決して特に好きというわけではないが、ちょっと気になる系譜である。

  • けい さん

    無知の知。知れば知るほど知らないことを思い知らされる。時代的背景。宗教観や政治観、若さに支えられた夢や希望。年齢とともに積もる諦念。 美しさの裏側には深いドラマがあるのでした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品