荒川弘 『鋼の錬金術師』完結記念特集 ユリイカ詩と批評

荒川弘

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784791702169
ISBN 10 : 4791702166
フォーマット
出版社
発行年月
2010年11月
日本
追加情報
:
261p

商品説明

荒川弘が『鋼の錬金術師』によってデビューして十年、ついにその瞠目すべき物語が完結を迎えた今、荒川弘という広大な練成陣の構築式を明らかにする。
それは少年マンガの新たなる「真理の扉」を開くことになるだろう。

【予定ラインナップ】
★インタビュー
荒川弘 [聞き手=斎藤宣彦]

★論考
伊藤博明 原克 早尾貴紀 大田俊寛 佐藤亜紀 藤本由香里 藤津亮太 岩下朋世 雑賀恵子 中尾麻伊香 八代嘉美 星野太 入江哲朗 ほか

★資料
『鋼の錬金術師』 全巻解題

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 赤字 さん

    図。『超人的ユートピアへの抵抗』という項目が興味深かった。ガンダムやエヴァを具体例に出し説明をしたり、ハガレンの物語にはナチズムからのモチーフが散らばっているという展開もある。極太な少年漫画、いつかそのうち全巻揃えることにする。

  • てんてん(^^)/ さん

    まさかの三宅乱丈さんとの対談に至福の時を頂きました。 評論の方は、あまりにも暗喩や寓意に囚われるのが好きではないのでもう一つだったかも。もっと作品自体に触れて欲しかった。

  • Mercy さん

    荒川弘特集。荒川弘と三宅乱丈の対談、吉川浩満の全巻解題、インタビュー、15の評論(藤本由香里、雑賀恵子、早尾貴紀、太田俊寛、入江哲朗、伊藤博明、佐藤亜紀、小泉義之、原克、中尾麻伊香、八代嘉美、藤津亮太、岩下朋世、星野太、飯田一史)。評論はそれぞれ著者の証言、マンガ学、工学、生物学、科学史、アニメ、会計学などをふまえたもので、おおむね作品の理解のたすけになる。実写化の賛否はこの本を踏まえると生産的になるだろう。これだけ多彩な評論の余地がある作品だということこそ、作品のもっともうつくしい価値だ。

  • カレーリーフ さん

    ざっと読んだ、荒川弘特集。著者インタビュー含めて、なんか、、、。残念というか。まあ著者の冷静さは作成者として当然として、なんだろう、設定の分析ばかりで、キャラたちの気持ちや性格への注目がほとんどなくて、ファン目線のものが無かったからかな。正直、とても残念だった。

  • SAGA さん

    荒川さんのかっこよさが炸裂中(笑)特集は錬金術関係多し。地味に藤田和日郎さんがいらっしゃった(爆)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

荒川弘

1999年に『STRAY DOG』でエニックス21世紀マンガ大賞を受賞。初連載作品であるハガレンこと『鋼の錬金術師』が大ヒットを記録。

プロフィール詳細へ

荒川弘に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド