暁のヨナ 28 花とゆめコミックス

草凪みずほ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784592215189
ISBN 10 : 4592215184
フォーマット
出版社
発行年月
2018年11月
日本
追加情報
:
192p;18

内容詳細

戒帝国から攻め入られた火の部族を助けたことで、緋龍王信仰の厚い民に、ヨナや四龍の存在が知れ渡る…。そしてそれはスウォン、ケイシュクの耳にも…。ヨナたちはテジュンにより、彩火城に身を寄せることになるが、そこへ国境警備の為にケイシュクが訪れ…!?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぐっち さん

    テジュンの実家が楽しいの巻。そろそろお話も中央に戻ってきつつあるのかな?

  • 陸抗 さん

    ヨナにとって四龍とハクとユンは、大切な家族で仲間なだけで、後は困ってる人を助けたい。ただそれだけなのに、勘ぐられてしまうのか。火の部族の兄弟と母親の動きが良かった。テジュンもすっかり立派になって。ケイシュク参謀の動向で、ヨナ達だけでなく国自体も危機に晒されそう。

  • るぴん さん

    レンタル。初登場時は鼻持ちならない奴だったのに、テジュンはいい奴になったな〜‼︎母上様も素敵。高華国との問題が片付いたと思ったら、次は戒帝国。また攫われたり四龍達が大怪我を負ったりする予感…。なかなかすんなり進まないのね。

  • ま さん

    内容を考えると確かにテジュンとキョウガの2人表紙が良かったとも思うがこの表紙のヨナ、可愛すぎる…! 周りが見えなくなってきてるケイシュクさんと、やっぱりテジュンの兄弟なんだなというキョウガが印象的な巻でした。風呂にしろ、倒れてる最中にしろ四龍・ケイシュクさんとのご対面シーンが面白すぎる。目が覚めた後の反応とかも。テジュンに対しても面白かったり成長したなあと思うシーンが多いです。ケイシュクさんや隣国の不穏な動きが怖いのに、楽しい印象の方が強いな。ケイシュクさんの崩し顔が見れるとは思いませんでした。

  • ako さん

    四龍の力があまりにも大きいので、消そうとしたり、利用しようとしたりする者があとを絶たないな。ヨナはスウォンへの復讐かと警戒されるし…国の民の幸せだけを祈っているんだけどね。 オギを使ってヨナを手に入れようする者達も…ハクがいない時なのに!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品