作家と温泉 お湯から生まれた27の文学

草なぎ洋平

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309727783
ISBN 10 : 4309727786
フォーマット
出版社
発行年月
2011年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
120

内容詳細

夏目漱石、志賀直哉、川端康成などの文豪から、武田百合子、田中小実昌、つげ義春、横尾忠則ら作家と温泉の味わい深いエピソードを紹介。お風呂でなごむ文豪たちのまったり図版が満載。川本三郎らのコラムも掲載。

【著者紹介】
草〓洋平 : 1976年、東京生まれ。株式会社東京ピストルの編集者。文筆家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • かもめ通信 さん

    頁をめくるとよくもまあこんな写真が残っているものだ!と思わず唸ってしまうような、作家と温泉にちなんだ写真をふんだんに盛り込みながら紹介される全国各地の温泉。あの名作に繋がるエピソードや作家の意外な一面を知る1冊として、はたまた旅行のガイドブックとして、1冊で2度3度と楽しめるかと実家両親にプレゼントしたところ、「で、どこに連れて行ってくれるんだ?」と言われてちょっと慌てましたw

  • kuri8655 さん

    作家ゆかりの温泉巡りは私と家人のライフワークであります。本書の30湯のうち未踏なのは3ヶ所のみ。このテーマの本としてはオーソドックスで物足りなさもありました。しかし吉川英治、坂口安吾、つげ義春の項、および横尾忠則本人談、田中小実昌の娘さん談、山口瞳を語るスバル君の文章は各々の作家の人となりが湯煙をバックに浮かんで読み応えがありました。未踏だった浅草・観音温泉を本書を元に訪ねましたが、想像以上の怪しげな雰囲気に臆して入湯できませんでした。私が最も愛するのは寺田虎彦『銀心中』の湯。これはきっと変わりません。

  • これでいいのだ@ヘタレ女王 さん

    お湯から生まれた27の文学。作家の愛した温泉銭湯の写真とエピソード。自分も温泉に浸かっているようなほっこり気分が味わえた

  • sawa さん

    ☆☆☆☆ 「温泉に同化するため」にヌル湯を好んだ坂口安吾、太宰へ金を届けるために温泉へ赴いた壇一雄、いたずらによって湯治客をパニックに陥れる宮沢賢治、脳梗塞で倒れた時を想定して編集者と同じ部屋に寝る山口瞳、女性と共に温泉旅館を泊まり歩いた竹久夢二、井伏鱒二と過ごした思い出の温泉地で心中未遂を繰り返した太宰治。温泉を愛した作家達のエピソードが、貴重なヌードと共に楽しめる。温泉ガイドとしても使えるお得な一冊。

  • springday さん

    表紙にビックリして読んだけど、この本面白い。文豪と名高い作家の、浴衣姿や入浴写真を織り交ぜながら、彼らの愛した温泉地やそこで生まれた名作をひもといていく。親交のあった作家同士の隠れたエピソード(壇一雄・太宰治⇒走れメロス)など、作家の素顔を垣間見せてくれたのも嬉しい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品