女王と海賊の披露宴 海賊と女王の航宙記 C★NOVELS

茅田砂胡

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784125014050
ISBN 10 : 4125014051
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
追加情報
:
224p;18

内容詳細

ある日ケリーが「結婚式をやらないか?」と言い出した。このありえない発言にジャスミンとダイアナはケリーが重篤な病気にかかったのでは? と疑いをかけ……。結局披露宴は敢行され、多彩すぎるゲストが宇宙のあちこちから集まった。現役連邦主席もいるし宇宙放論者や学生も市井の婦人まで、懐かしい顔が勢揃いしたのである。

「鈴木理華画集」に収録された中篇に加筆を加えた表題作の他、披露宴の後の新婚旅行の話が書きおろされた中篇集。

【著者紹介】
茅田砂胡 : デルフィニアシリーズで小説デビューをはたす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • きむこ さん

    スカーレットウィザードシリーズが誕生して20年になるそうです。新刊が出る度にマンネリ化の辛口レビューを書いていたけれど、それでも新刊が出ると買ってしまう(*´艸`*)そして私は悟った。内容が薄かろうが、彼らが強すぎて敵が弱すぎても、お金持ち過ぎて反則技連発だろうと、私は海賊と女王が好きなんだ(≧∇≦)だから私はこれからも(文句言いながらも)買い続けるのだろうなぁ♡前編の披露宴はこのシリーズをどれだけ読み込んでいるかの試験のように懐かしい名前が登場(≧∇≦)全部わかった私はかなりコアなファンかも。★3

  • タカギ さん

    中編が2本。なんかもう水戸黄門的な安心感で読めるシリーズ。感応頭脳がケリーの言う事を聞いちゃうこととか、ご都合主義が過ぎるというツッコミは今さらなのです。最近は刊行のペースが空いていて、読み返すこともほぼないので、披露宴に出ていた登場人物たちが全然ピンとこなかった。ケリーが落札したデッサンはどうなるのかな? リィにあげたり?

  • すがやん さん

    今までに登場したキャラが続々登場する二人の披露宴から、一筋縄じゃいかない新婚旅行まで。あっという間に読んでしまった。キャラ達の昔語りで、シリーズ初期から読み返したくなってしまう!忙しい時期だというのに…

  • でんか さん

    結婚式+新婚旅行。この二人のはなしなので、なにやらドンパチ始まるお約束は踏襲。結婚式の方が特に登場人物がわからんこと甚だしかった。シリーズについていけてなかったからなあ(天使がメインになった時点で脱落してしまった)。どっかで誰かとエピソードが繋がってるんだろうけれど、もはや本編を読み返して突き合わせる気力が無くて断念。新婚旅行の方は、何があっても最終的に水戸黄門さまのご印籠よろしく二人が出てきたら片付けてくれるんでしょう、とお約束どおり。それでも読ませる作者さんがさすがと思うことです。ほんとうに。

  • えみちゃん さん

    ひさびさの怪獣夫婦のシリーズです。そうそう、この表題の披露宴・・画集に収録されてたお話でいつか読みたいと思ってましたが、こうしておまけ⁉(笑)の新婚旅行ともども読むことができてうれしいです。(≧▽≦)長年連れ添った⁉(笑)夫婦の息の合ったやりとりはやはりおもしろく楽しい時間を過ごすことができました。それにしてもこれだけのVIPともなるとごくごく内輪の披露宴とは言え招待客もすべて桁外れの重要人物ばかり。でっ、みんな【そっくりさん】で通しちゃうんだから・・。(笑)おもしろすぎます。そして新婚旅行編もスケールが

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

茅田砂胡

デルフィニアシリーズで小説デビューをはたす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品