海軍航空基地の形成と崩壊 横須賀から大社まで

若槻真治

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787723185
ISBN 10 : 4787723189
フォーマット
出版社
発行年月
2024年02月
日本
追加情報
:
316p;22

内容詳細

本書は、これまで論じられることの少なかった、海軍航空基地が生まれ、変遷し、壊滅する過程、つまり海軍航空基地の形成と崩壊の歴史を「航空基地の戦争」と捉え、十五年戦争の実態をみようとするものである。

目次 : 第1章 航空基地研究の現状と課題/ 第2章 海軍航空基地の増加とその背景/ 第3章 海軍航空基地建設の概観/ 第4章 海軍航空基地が変遷する諸要因/ 第5章 まとめ―海軍航空基地の変遷/ 補論 大社基地と大社基地遺跡群

【著者紹介】
若槻真治 : 1957年、島根県雲南市生まれ。現在、戦後史会議・松江の世話人代表、石見銀山研究会の代表を務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • onepei さん

    海軍の航空基地全体を俯瞰する労作。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

若槻真治

1957年、島根県雲南市生まれ。現在、戦後史会議・松江の世話人代表、石見銀山研究会の代表を務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品