亡き者たちの訪れ

若松英輔

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784750517506
ISBN 10 : 475051750X
フォーマット
出版社
発行年月
2022年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
256p;18

内容詳細

「大切な人を喪くす」―それは本当に「別れ」なのだろうか。「死者と生者の協同」をめぐってやわらかな言葉で語る講演とブックガイドで構成された名著『死者との対話』に、新原稿2本を加えて編む。

目次 : 死者がひらく、生者の生き方/ 「死者論」を読むブックリスト43/ 死者の詩学/ 増補(沈黙の語り手たち―『苦海浄土 わが水俣病』を読む/ 上原專祿の死生観―死者と日蓮をめぐって)

【著者紹介】
若松英輔 : 1968年新潟県生まれ。批評家、随筆家。慶應義塾大学文学部仏文科卒業。2007年「越知保夫とその時代 求道の文学」にて第十四回三田文学新人賞評論部門当選、2016年『叡知の詩学 小林秀雄と井筒俊彦』(慶應義塾大学出版会)にて第二回西脇順三郎学術賞受賞、2018年『詩集 見えない涙』(亜紀書房)にて第三十三回詩歌文学館賞詩部門受賞、『小林秀雄 美しい花』(文藝春秋)にて第十六回角川財団学芸賞、2019年に第十六回蓮如賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • urigaya さん

    アランの幸福論、これがすべてだと思う。繰り返し、唱えるように読むと、だんだんと鎮静してゆく。30代に母を、50代で父を送り、残された自身は、死者である彼らと共に、今も、生きていることを実感せざるを得ない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品