青春デンデケデケデケ 河出文庫

芦原すなお

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309403526
ISBN 10 : 4309403522
フォーマット
出版社
発行年月
1992年10月
日本
追加情報
:
15cm,225p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遥かなる想い さん

    私には若すぎる話。楽器をやっていたら、入り込めたかも。

  • chimako さん

    讃岐弁にちっと詳しくなったかも。文字で読むその地方の言葉は声に出すと少しずつ熱を持ってくる。ちっくんと仲間たちの紛れもない青春を50センチばかり俯瞰した目線で眺め続けた。で、文化祭のコンサートの終わりには一緒に涙を流した。我々の年代よりも少し上なので中学の時ラジオで聴いた音楽(洋楽)とはズレがある。それでもあの有名なパイプラインのテケテケは耳に馴染みがある。登場人物のキャラクターが良い。男子高校生のバカバカしさと初々しさとはち切れそうな有り余る体力。映画のキャストもグー!大林宣彦監督の解説もグーである。

  • hnzwd さん

    他の作品で作者の実力は認識していながらも、直木賞受賞は納得の一作。青春時代を振り返りながら語る形式は、スティーブンキングのスタンドバイミーを彷彿とさせるし、1960年代のロックとの融合も素晴らしい。名曲のタイトルに添えられた讃岐弁訳の章題も良い。王道突き抜けた感じで、少し短い感じもしましたが、、これで直木賞ってのは、当時のブームを物語っているということですかねー。

  • アポロ さん

    いいね、素敵な青春!音楽大好きなアホな高校生活を送った僕としてはかなり楽しめた!時代は違えど音楽の輝きは変わらないね!

  • hit4papa さん

    ロックに魅了された60年代の高校生らを描く青春小説。バンドのメンバー集めから、楽器を買うためのバイト、大盛り上がりの合宿、切ないデビューそして、フィナーレは学園祭でのお披露目と続きます。主役ら登場人物たちが、純粋無垢すぎて現実味が希薄なのですが、小学生のような恋愛を含め物語としては楽しく読むことができます。軋轢を経て絆を深めていくバンドものの王道シーンがないのは残念ではありますが。会話はすべて讃岐弁なのですが、各章のタイトルをロックの名曲の一節を方言で翻訳して表しているのが良いですね。【直木賞】

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

芦原すなお

1949年香川県観音寺市生まれ。早稲田大学大学院中退。86年『スサノオ自伝』でデビュー。91年刊行の『青春デンデケデケデケ』が第27回文藝賞ならびに第105回直木賞を受賞し、翌92年には大林宣彦監督により映画化された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品