藪の中 講談社文庫

芥川龍之介

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062764599
ISBN 10 : 4062764598
フォーマット
出版社
発行年月
2009年08月
日本
追加情報
:
15cm,155p

商品説明

わたしが搦(から)め取った男でございますか? これは確かに多襄丸(たじょうまる)と云う、名高い盗人(ぬすびと)でございますーー。馬の通う路から隔たった藪の中、胸もとを刺された男の死骸が見つかった。殺したのは誰なのか。今も物語の真相が議論され続ける「藪の中」他、「羅生門」「地獄変」「蜘蛛の糸」など、芥川の名作、6編を収録。

内容詳細

わたしが搦め取った男でございますか?これは確かに多襄丸と云う、名高い盗人でございます―。馬の通う路から隔たった藪の中、胸もとを刺された男の死骸が見つかった。殺したのは誰なのか。今も物語の真相が議論され続ける「薮の中」他、「羅生門」「地獄変」「蜘蛛の糸」など、芥川の名作、6編を収録。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ehirano1 さん

    表題作が印象に残りました。各々の登場人物の告白が各々の立場で告白され、挙句の果てには巫女の口を借りたる死霊(つまり殺された男)まで告白に加わる始末で(w)、一体何が真実なのかはまさに藪の中、というかむしろカオスです。しかし、各々の告白はどれも真実なのではないかと思いました。本物語は何が真実かというのを暴くのではなく、各々にとっての異なる真実(心情)を露わにし、人間の心情はここまで各々で違うのですよと示唆しているのではないかと思いました。

  • ちょろこ さん

    人間って…の一冊。人間の裏側のあんな部分やこんな部分…これはまるまる一冊、人間という生態について説明されているような…事典のようなそんな気がした。表題作「藪の中」は保身のための証言がいろいろな真相を浮かび上がらせる。読めば読むほどまさに真相は藪の中。それこそ十人十色、いろいろな見解が生まれるのもわかる気がする。有名な他作品にもその先を読者に委ねるような終わり方を感じた。昔は気づかなかった…今思えばなんだかすごい。

  • sk4 さん

    ほほう。これは・・・【 文 豪 ミ ス テ リ ー ! 】 NTRエロい・・・と、一読目はそこばかり気になって仕方がなかったんだけど、終盤にミステリーだという事に気づきすぐに再読。(※NTR=寝取られを主題にしたエロ話) 四人の独白の嘘を見抜き、真相の推理を読者に委ねるリドルストーリー。 実に面白い。 文豪やるなぁ。^ ^

  • かんらんしゃ🎡 さん

    『蜘蛛の糸』でレビューを書くか、『羅生門』か『鼻』か『杜子春』か。寓話としてはどれも分かりやすいけど書き尽くされてもいる。さて、あれかこれかで悩みだすとどれも書けない。こういうの何と言ったっけ。「二兎追うものは一兎も得ず」う~ん、そうではあるがしっくりこない。「虻蜂とらず」そうだこれだ。小さな虫を取らずにおけば、我が頭上にも蜘蛛の糸。

  • mapizo さん

    「羅生門」「鼻」「蜘蛛の糸」あたりは中学・高校の国語の授業で習った記憶があります。そこで、芥川龍之介に興味を持ち図書館で借りたのが「杜子春」だったと思います。全部読んだ事あるかなと思って読み進めてみましたがやはり、全ての話に覚えがありました。「地獄変」の良秀の描写はかなりリアルに感じてしまうので今夜夢に出てきたらうなされそうです。「薮の中」は今でも誰が犯人なのか議論されているみたいですね。私にも分かりません。自己解釈するか不透明な感じを受け入れるしかないんですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

芥川龍之介

明治25(1892)年東京生まれ。東大在学中に豊島与志雄や菊池寛らと第三次「新思潮」を発刊。大正5(1916)年に発表した「鼻」が夏目漱石に激賞され、続く「芋粥」「手巾」も好評を博す。後年は、厭世的人生観に拠った作品を手がけ、また小説の「筋」をめぐり谷崎潤一郎との文学論争に至った。昭和2(1927)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品