不思議がいっぱいあふれだす! 読書がたのしくなるニッポンの文学

芥川龍之介

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784774313436
ISBN 10 : 4774313432
フォーマット
出版社
発行年月
2007年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,157p

内容詳細

うんと昔に書かれたものだけれど、今読んでも魂が震える。そんな作品がニッポンの文学。古くて新しいニッポンの文学の中から、一風変わった「不思議」の世界をのぞきこむことができる作品を厳選。

【著者紹介】
夢野久作 : 1889‐1936

小山内薫 : 1881‐1928

豊島与志雄 : 1890‐1955

小泉八雲 : 1850‐1904

久米正雄 : 1891‐1952(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 星野 さん

    これも面白い!!選び方は勿論、順番にも一種のこだわりを感じさせるシリーズ。梨の実、耳なし芳一、魔術が好きだったかな。印象深い作品が多かった。

  • タニッシュ さん

    「耳なし芳一」は何度読んでも怖いです。ほか、夢野久作などバラエティなアソート短篇集でした。

  • onion さん

    こども向けアンソロジーの最初に、夢野久作の「卵」をもってくるなんて大胆な…。締めの太宰治「魚服記」も渋い。作家紹介の文も、その短編が書かれた背景まで想像させられて、とにかく気合入ってます。「天狗笑い」がお気に入り。

  • うげつ さん

    どれも良かったけど、とくに夢野久作の『卵』が怖かった。

  • anxi さん

    仕事

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

芥川龍之介

1892(明治25)年東京生まれ。東京帝国大学英文学科卒。東京帝大在学中の1914(大正3)年、第一高等学校同期の菊池寛、久米正雄らとともに第三次「新思潮」を創刊。同誌に翻訳と創作を発表する。1916年、第四次「新思潮」創刊号に発表した「鼻」が夏目漱石に絶賛され、注目を集める。従来の自然主義的手法を

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品