イマジネーションの戦争 セレクション戦争と文学 6 集英社文庫ヘリテージシリーズ

芥川龍之介

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087610529
ISBN 10 : 4087610527
フォーマット
出版社
発行年月
2019年12月
日本
追加情報
:
664p;16

内容詳細

虚構の戦争が照射する、人間のリアルとは―。田中慎弥「犬と鴉」、赤川次郎「悪夢の果て」、小島信夫「城壁」他。SF・寓話・幻想文学。戦争文学アンソロジー。巻末に全集版の解説、月報掲載のインタビューを再録。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kuro さん

    こういうアンソロジー(ジャンル硬柔世代バラバラ)は始めて手に取ったけど個人的にはとても良かった。とりわけ、稲垣足穂や小島信夫を "戦争文学" として読むのは刺激的では。他の巻もこういうテイストかな?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

芥川龍之介

明治25(1892)年東京生まれ。東大在学中に豊島与志雄や菊池寛らと第三次「新思潮」を発刊。大正5(1916)年に発表した「鼻」が夏目漱石に激賞され、続く「芋粥」「手巾」も好評を博す。後年は、厭世的人生観に拠った作品を手がけ、また小説の「筋」をめぐり谷崎潤一郎との文学論争に至った。昭和2(1927)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品