里見八犬伝21世紀版少年少女古典文学館

興津要

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062827713
ISBN 10 : 4062827719
フォーマット
出版社
発行年月
2010年03月
日本
追加情報
:
20cm,307p

内容詳細

親しみやすい現代文で古典の世界を再現し、日本の古典文学に初めて出会う子どもの理解を助ける、児童向け古典文学全集の決定版。本巻は、正義の八犬士の波瀾万丈の物語を描く「里見八犬伝」を収録。

【著者紹介】
栗本薫 : 1953年、東京都に生まれる。早稲田大学文学部卒。1977年、中島梓の名義で群像新人賞(評論部門)を受賞してデビュー。『ぼくらの時代』で江戸川乱歩賞、『絃の聖域』で吉川英治文学新人賞を受賞する。SF・推理小説・時代小説・評論と、変幻自在の作家活動を展開し、なかでも「グイン・サーガ」シリーズは、全130巻という前人未到の長編となった。2009年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ちゃま坊 さん

    物語の舞台は室町時代の関東。書いた馬琴先生は江戸後期の人。水滸伝やドラゴンボールで思い出すおなじみの古典。国芳や芳年の浮世絵展ではよく題材になっている。文:栗本薫 さし絵:佐伯俊男 監修:司馬遼太郎、田辺聖子、井上ひさし この古典文学館シリーズ、昭和世代にとってはなんという豪華な執筆陣だろう。図書館の児童書コーナーにあるのだが、新品同様で今の子供たちにはあまり読まれていないようだ。芳年を思わせるちょっとグロいイラストが良い。

  • 金平糖 さん

    桜庭一樹さんの「伏」を読み、少しでも原作に触れたいと思ったのですが、長いし古文も苦手なことから児童向けの作品の方が私のニーズにあっていると、探したところ本書を見つけました。訳者が栗本薫さんだったので間違いないだろうと選び、大正解。 『おはなしとして一番はなやかで面白い「芳流閣の場」の前後までを中心として小説としてまとまったものにしあげることを目的にし、残りの部分は「あらすじ」としてつけることにしました』と「あとがき」に記されています。充分に面白く一気に引き込まれました。

  • はなうさぎ さん

    数年前に思い切って買ったシリーズを、やっと息子が読んだので、私もつきあって。栗本薫はその昔、グインサーガやら何やらをせっせと読んだのだけれど、途中で嫌になって読まなくなった。だが、今、この人による八犬伝を読むと、やはりたいした人だと思う。子どもの頃から長唄を習い、歌舞伎にも詳しく、あの大長編を書き続けていた人は、おもしろい物語とはどんな物かを知っているし、どうしたら原作の命を損なわずに現代語にできるかも知っている。途中でばっさり、というのも、まるで歌舞伎みたいで、これはこれでいい。

  • みぞれ さん

    長い長い物語と聞いていたので、あらすじだけでも、と児童向けにわかりやすく編集された本書を手に取りました。結城合戦など時代背景が思いの外絡んできて、私自身歴史に疎いので、もっと読み解きながらしっかり読むべきと感じました。それでも解説が丁寧でとてもすらすらと読みやすかったです。勧善懲悪なストーリーで、ここからどうなるんだろうというところで終わってしまったのは残念ですが、導入のためという目的にはかなっているなと。最後まで描かれた現代訳の本を探したくなりました。

  • 陽子 さん

    NHKの人形劇が毎日楽しみで、本も読みました。八剣士の活躍と不思議な水晶玉に浮き出る文字。怨霊も怖くて、ハラハラしながら読みました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

興津要

1924年生まれ。早稲田大学文学部国文学科卒業。早稲田大学名誉教授。専攻は近世文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品