ギャングース 16 モーニングKC

肥谷圭介

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063887112
ISBN 10 : 4063887111
フォーマット
出版社
発売日
2017年04月21日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hannahhannah さん

    完結巻。安達との戦いが決着。そしてそれぞれの道へ。この漫画はアウトローたちを専門に取材するルポライターの原案者である鈴木大介が付いていたせいか、現代の犯罪の手口や子供や若者の貧困問題について詳しく述べられていた。鈴木さんがあとがきで書いているように「子どもの社会的養護」は重要に思えた。2010年代に連載が始まった漫画で「ギャングース」ほど好きな作品はない。

  • 第七レツダン さん

    完結。ま〜なんだかんだでハッピーエンドなのかなぁ。ただまあ……いや、いいか。お疲れ様でした。

  • Sato1219 さん

    「最貧困女子」は「可視化された現実」として衝撃的だったし、「脳が壊れた」も同じ脳卒中サバイバーとして共感を持って読んだ。それらの本の著者鈴木大介氏が共同制作として関わった漫画なので、気にはなっていたが、絵柄に癖がある(といっても根本敬氏ほどではない)のでなかなか手に取れなかったが、大人買いしてついに一気読み。強盗や窃盗を行う少年達の話だが、アウトロー物、ピカレスクに見えて、本当の悪は、私たちでないかと内省させる作品でもある。作者自身があとがきで言う通り、結末はファンタジー。でも、それが漫画の良さでもある。

  • Rove さん

    希望で終われるってことがノンフィクションでないことの最大の武器だと思いました

  • あみ さん

    最後は美談すぎるけど、こうあってほしいという鈴木大介さんの希望がすごく伝わってくる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド