金融業と人口オーナス経済 高齢化社会における金融・経済のあり方 トラスト60研究叢書

翁邦雄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784535556270
ISBN 10 : 453555627X
フォーマット
出版社
発行年月
2011年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,241p

内容詳細

少子高齢化は金融業にどのような影響を与えるのか。個人の資産選択活動や金融仲介のあり方に、どんな変化をもたらすのか。日本における人口高齢化問題の金融分野への多面的な影響を考察した研究書。

【著者紹介】
翁邦雄 : 1951年生まれ。1974年東京大学経済学部卒業。日本銀行入行、シカゴ大学Ph.D.(Economics)。日本銀行金融研究所長等を経て、2009年より京都大学公共政策大学院教授

北村行伸 : 1956年生まれ。1981年慶應義塾大学経済学部卒業。オックスフォード大学D.Phil(Economics)。OECDエコノミスト、日本銀行金融研究所研究員等を経て、2002年より一橋大学経済研究所教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まるる さん

    1,2,4章が特に面白かった。論文の参照や、自分の普段の考えに対する調味料になる良書だった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

翁邦雄

1951年生まれ。74年、東京大学経済学部卒業、日本銀行入行。83年、シカゴ大学でPh.D.取得。以後、筑波大学社会工学系助教授、日本銀行調査統計局企画調査課長、企画局参事、金融研究所長等を経て2006年、中央大学研究開発機構教授に就任。09年京都大学公共政策大学院教授。17年より法政大学大学院政策

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品