ポルシェ太郎

羽田圭介

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309027937
ISBN 10 : 4309027938
フォーマット
出版社
発行年月
2019年04月
日本
追加情報
:
256p;20

内容詳細

35歳。起業した太郎は年収同等のポルシェを購入。だが自慢の愛車で得体の知れないものを運ばされるはめに。向かうのは欲望か、死か? 堀江貴文氏も推薦する、芥川賞作家の超話題作。

著者
羽田圭介 (ハダ ケイスケ)
1985年生まれ。2003年『黒冷水』で文藝賞を受賞。「スクラップ・アンド・ビルド」で芥川賞を受賞。テレビ等でも多角的に活躍。著書『隠し事』『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』『成功者K』他多数。

【著者紹介】
羽田圭介 : 1985年、東京都生まれ。明治大学卒業。2003年、『黒冷水』で第四〇回文藝賞を受賞し、十七歳でデビュー。2015年、『スクラップ・アンド・ビルド』で第一五三回芥川龍之介賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ケイ さん

    広告代理店とかというのはほんとヤクザな商売だな。バブル時代に大学生だった当時を振り返ってみると、女の子を連れてくる...という人達がいかにつまらん人種だったかが今わかる。集まっていた女の子達のほうも、ね。当時は洒脱に見えたりしたのだが。これを読むと、そういう構図は変わっていないのか、あるいはITバブルの頃からまた復活したのか。危なかっしい太郎くんを老婆心とともに見ていたが、そういう気持ちに読者をさせるのが羽田圭介氏の狙いだったのかな。ポルシェに乗った男よりクッキー焼いてくれる男に、そら軍配があがるわよね。

  • ケンイチミズバ さん

    キャンタマ袋の毛に白髪が混じってることに気づいたからってそんなに愕然としなくてもいいじゃんか。しかもモデルの彼女とこれからエッチするという時に。全てがちっぽけだ。勘違いステイタス、ポルシェに乗ることが成功の尺度なら、あんたのは中古だし。まあそれがお似合いだろう。しかも実家、茨城で彼女もモデルというだけで実際なにしてるのやら。これで社長なら日本はおしまいだな。ポルシェ太郎も実際にいるだろう、アストン次郎もマセラティ三郎やらガヤルド 四郎もいよう。ずるをしないと本物は手に入らないという考えは少し当たっている。

  • 旅するランナー さん

    ポルシェを愛する太郎くん。小さいけれどイベント・PR会社の社長さん。己に自信を与えてくれるポルシェ。格好良くきらきらした車には、若く輝いている成功者しか乗っては駄目なのだ。怠け者の貧乏人には付いていけない感覚。でも、年齢や地位や境遇に関係なく、焦りは誰にでも付きまとう。幸福とは、成功とは、人生とは何かを考えさせられたり、ポルシェを運転しているような(乗ったこともないけれど)軽快な気分にしてくれる作品です。

  • 優希 さん

    車好きには楽しめるのでしょうか。ポルシェを購入したことでの紆余曲折なことが起こります。特権階級の仲間入りをしたと思い、様々な職種の人と繋がりますしね。車を買ったことで手にしたものより、部下社員やお客様の態度に救いを感じました。個人的にはもう少し不穏な雰囲気を想像していたので、予想外です。

  • おつぼねー さん

    欲望の本質に気付くには大きな買い物だったかもしれないが、ポルシェじゃなくても、己に自信をもたらす欲望の象徴って、ある時期必要なのかも?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

羽田圭介

1985年東京都生まれ、小説家。2003年に『黒冷水』でデビュー。2015年『スクラップ・アンド・ビルド』で芥川賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品