ロクでなし魔術講師と禁忌教典 17 富士見ファンタジア文庫

羊太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784040737362
ISBN 10 : 4040737369
フォーマット
出版社
発行年月
2020年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
363p;15

内容詳細

魔術祭典決勝を襲った最大級の悲劇と天の智慧研究会の最高指導者、大導師フェロード=ベリフの登場――歴史の大いなる転換点で、アルザーノ帝国女王府国軍大臣・アゼル=ル=イグナイトもついに動き出す――。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よっち さん

    魔術祭典決勝を襲った最大級の悲劇と天の智慧研究会の最高指導者、大導師フェロード・ベリフの登場。歴史の大いなる転換点で、アルザーノ帝国女王府国軍大臣・イグナイト卿もついに動き出す第十七弾。ジャスティスによって動き出した転換点。思わぬ事態に焦燥を募らせたイグナイト卿による突発的な造反に追い詰められるグレンたちでしたけど、父や家の呪縛に心揺さぶられるイヴが、グレンに支えられながらそれを乗り越えてみせてカッコ良かったです。因果応報な彼の末路はまああれでしたけど、次から次へと物語も大きく動き出して次巻も楽しみです。

  • しぇん さん

    人類反抗のきっかけをジャスティスさんが作ってくれて、物語がついに大きく動き出しますか。その中でイグナイト家とイヴの決着の話で面白かったです。イヴさんのヒロイン力の上昇が留まるところを知りませんね…。アルベルトさんも仇敵とついに出遭えましたしどう動くのか楽しみです

  • 真白優樹 さん

    黒幕の首魁が姿を現し戦いの予感高まる中、イヴの父親であるイグナイト卿が反乱を起こす今巻。―――紅蓮の果て、想いの果てに真火を導け。 これまでの敵の中でも一番の小物と言っても過言ではないであろうイグナイト卿が反乱を起こし、イヴが本当の意味で前へ進む為に姉の贋作と激突する事になる今巻。贋作の中に宿っていた本当の心に背を押され、彼女が再び本物の魔術を掴み取る、爽快感と熱さが仕上がっている巻である。世界に団結を求められる中、引き起こされた更なる緊急事態は世界にどんな波紋を起こすのか。 次巻も須らく期待である。

  • ダイ さん

    今回はイグナイトのクーデターがメインだったのでイヴがヒロインの回でしたね。まず序盤でジャティスが天の智慧研究会の首魁の大導師達の正体を世界中に知らしめましたが、その場面がマウントの取り合い合戦で少し可笑しかったです。ただ、異次元に飛ばされましたが絶対にとんでもないタイミングで戻って来ると思います。また、今回の敵のアゼルは本当に胸糞の悪いうえに愚かで小者でしたが、ちゃんと最期を迎えてくれてすっきりしました。そしてイヴは可哀想な事ばかりでしたが、グレンと本当の和解が出来ましたし凄く可愛かったので良かったです。

  • ヤギ郎 さん

    シリーズ第17巻。今回はイヴを中心にした物語。短編集で登場したイヴの姉も物語に関わってくる。ジャスティスの働きにより、天の智慧研究会の幹部の素顔が明らかになる。そのどさくさでイグナイト卿はクーデターを起こす。イグナイト卿のイラストのモブ感がすごい(もうちょっと厳つく描いてあげればよかったのに…)。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

羊太郎

職業:『作家』(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

羊太郎に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品