記憶屋 角川ホラー文庫

織守きょうや

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041035542
ISBN 10 : 4041035546
フォーマット
出版社
発行年月
2015年10月
日本
追加情報
:
302p;15

内容詳細

大学生の遼一は、想いを寄せる先輩・杏子の夜道恐怖症を一緒に治そうとしていた。だが杏子は、忘れたい記憶を消してくれるという都市伝説の怪人「記憶屋」を探しに行き、トラウマと共に遼一のことも忘れてしまう。記憶屋など存在しないと思う遼一。しかし他にも不自然に記憶を失った人がいると知り、真相を探り始めるが…。記憶を消すことは悪なのか正義なのか?泣けるほど切ない、第22回日本ホラー小説大賞・読者賞受賞作。

【著者紹介】
織守きょうや : 1980年イギリス・ロンドン生まれ。2013年、第14回講談社BOX新人賞Powersを受賞した『霊感検定』でデビュー。15年「記憶屋」(受賞時ペンネーム、京谷)で第22回日本ホラー小説大賞読者賞を受賞。現在弁護士として働く傍ら小説を執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 扉のこちら側 さん

    2016年533冊め。忘れてしまいたい記憶を消してくれる存在がいたら、頼みたいことがある人はきっと多い。どんなに辛く悲しいことも自分を形作るひとつだから、という立派なことを言ってくれる人はいるけれど、本当に、忘れることができたらどんなに救われるだろうことを抱えて生きる人はいる。ホラーではないけれど、人の心の動きを追って迫る「怖さ」がある。ホラー小説大賞の「読者賞」というのも頷ける、一定の共感を誘う作品。

  • Mami Endo【GLAYとB'zが大好き】 さん

    ホラー要素はなかったので、むしろホッとしました。ただ、記憶屋の正体を探したりするから、その辺はミステリー?サスペンス?かしら。記憶屋の正体にはビックリしたけど、それ以上に切なさが上回りました。自分自身の一方通行な気持ちではなく、あまりに相手の気持ちを察知して、それで記憶を消すんでしょうね。ところで、さすがに遼一くんは鈍感というか無神経というか、あまり好きになれないキャラクターでした。杏子ちゃんのトラウマに対して、デリカシーに欠けていましたから。弁護士の対応は賢明かと。最初は世にも奇妙な物語かと思いました。

  • ナイスネイチャ さん

    記憶を忘れさせてくれる記憶屋を巡る謎を主人公が暴いていく物語。ホラーとありますが?怪奇的な感じはありますが、謎解きぐらいの感じでした。視点が変わるのにあんまり意味が理解出来ず。ただ続編でどうなるかは気になります。

  • masaru さん

    忘れたい記憶を消してくれる記憶屋を追いかける主人公。記憶を消すことは、果たして良いことなのか?苦悩する主人公、果たして記憶屋の正体とは?ホラーでは無く、切ない青春ものって感じでした。

  • インド さん

    「記憶屋」。ささやかれている、記憶を奪う存在と、それを追う人々の物語。彼等は記憶を消すために、記憶を消させないために「記憶屋」を探す。明かされる「記憶屋」の正体、祈り、決意はとても壮絶なもので、ラストはあまりに切なく涙が出そうだった。遼一は大切な存在を(本当の意味で)守り通すことができなかったかもしれないけれど、これからも大切な者の涙を拭える存在であり続けてほしい( ;∀;)。記憶を消すことは、善とか悪とか、そういうことではなくて、ある人との繋がりも消してしまう、とても寂しくて辛いことだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品