夏目友人帳 3 花とゆめコミックス

緑川ゆき

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784592184461
ISBN 10 : 4592184467
フォーマット
出版社
発行年月
2007年02月
日本
シリーズ
:
追加情報
:
18cm,146p

内容詳細

祖母の遺品「友人帳」により統べられた妖怪達に名前を返し続ける少年・夏目。彼のもとに、用心棒・ニャンコ先生そっくりの黒ニャンコ先生が現れ、「友人帳」を奪って逃げてしまう! 後を追った夏目たちが見たものは…!? 妖怪祓い人・名取も再登場のあやかし契約奇談第3巻!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 匠 さん

    あたたかく、そしてせつない。なぜせつないかと言えばそれは人間と妖怪の想いは同じであっても、交わることのない遠い隔たりがあるからなのだと思う。蛍の回はやはり何度読んでも涙腺が緩んでしまうし、情景がひときわ美しい。アニメ版でもそう。いつか夏目君も、見えなくなってしまう時が来るのだろうか。そして友人帳はその時、どうなっているのだろう・・

  • 千尋 さん

    『夏目友人帳』3巻*この巻では、夏目くんの用心棒・ニャンコ先生にそっくりな黒ニャンコが登場します**黒ニャンコがとっても可愛いです**切なくて淡い蛍の恋の話と竜の卵の話がとても気に入りました**竜の赤ちゃん・タマちゃんが凄く可愛いです**あと夏目くんのために鯛焼きを作る塔子さんが可愛らしいです*その鯛焼きを幸せそうに食べてるニャンコ先生にも癒されました*

  • まりもん さん

    何だか名取さんのレギュラー率が高くなってきたなぁ。彼が登場すると必ずやっかいなことに巻き込まれる夏目がちょっと不憫。 今回はニャンコ先生の色違いの猫の登場が印象深い。友人帳を盗られた時は焦ったがそれは森の主が仲間の妖達が人間を襲うのを防ぐ為だった。 ホタルの妖は姿がちょっとコミカル。お面の字の意味って何だろう? また名取が連れて行った呪術師の会合では七瀬というあやしいばあさんに会うのだが、それよりも名前だけ登場した的場が気になる。

  • wata さん

    ホタル、いつまでも彼が見えてたら良かったのにね…切ないです。タマも可愛かったなぁ(^^)

  • くりり さん

    ホタルが可愛くて、切なくて、いいなぁ...。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

緑川ゆき

1998年、『珈琲ひらり』にてデビュー。 代表作に『あかく咲く声』『緋色の椅子』『夏目友人帳』など。

プロフィール詳細へ

緑川ゆきに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド