夏目友人帳 22 花とゆめコミックス

緑川ゆき

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784592193722
ISBN 10 : 4592193725
フォーマット
出版社
発売日
2017年09月05日
日本
シリーズ
:
追加情報
:
192p;18

内容詳細

妖怪に関する展示を見るために、夏目は田沼・多軌と共に隣の市にある旅館へ。急な悪天候により旅館に泊まる事になるが、そこは妖怪も泊まる事もあるという言い伝えが…? そして遂に語られる「友人帳」の原点とは!? 特別編2編も収録!あやかし契約奇談 第22巻!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ちいこ さん

    表紙が結構迫力があって、内容が厳しいのかな?なんて勝手に思っていましたが、全然違って、ホロリとしてしまいました。ニャンコ先生と子供の絡み、好きだなぁ。

  • Nishiuchi130 さん

    安定の面白さ。好きです。この巻は割と大物の、人に害がない妖怪が多く、いつもどおり澄んだお話です。悪者大物妖怪がでてきて、みんなで力をあわせて倒す!みたいなのを期待しているわけではないけれど、安定しきってしまってて地味にも感じてしまう・・・。でも読みおわったあとは他の人に優しくできそうな作風は心地よく、貴重なのでこのままずっと続いてほしいとも思う。

  • 眠る山猫屋 さん

    田沼やタキと手を取り合って妖怪に立ち向かっていく夏目。成長したなぁ、後れ馳せながら。庭を愛するイナナギ様と宿のご主人との関係が暖かい。ハッピーエンドで良かった。ニャンコ先生や西村の小品も優しい物語、そして最初に名を奪われた妖怪・ソラノメの語るレイコの物語。孤独なレイコが心の支えにしていたものは・・・。擦れ違ってしまった二人の友情と、それを見ているしかなかったソラノメ。人間に心を寄せてしまう妖怪たちの気持ちって、なんだか切ない。好きとか嫌いとか、きっとないんだろうけど、それでも寄せる気持ちが伝わる物語。

  • くりり さん

    登録したはずが... 妖も立ち寄る宿、イナナギ様が出禁にならなくて本当に良かった(笑)、友人帳誕生、レイコの話はいつも切ない(泣)

  • たち さん

    今回の夏目くん、内容が盛りだくさんで濃かった。中でも、レイ子さんの話は泣けました。彼女の孤独が余りにも痛々しい…。その心情を理解しているのが妖怪だけというのも、辛い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

緑川ゆき

1998年、『珈琲ひらり』にてデビュー。 代表作に『あかく咲く声』『緋色の椅子』『夏目友人帳』など。

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品