HOSONO百景 いつか夢に見た音の旅

細野晴臣

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309274720
ISBN 10 : 4309274722
フォーマット
出版社
発行年月
2014年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
190p;19

商品説明

縦横無尽に広がる話
雑誌『TRANSIT』の連載を再編。「アンビエント」「ウィット」「あこがれ」「ここではないどこか」という章立てで、アメリカ、イギリスから、宇宙、楽園まで、“音楽と旅”をテーマに語る。たとえば森ガールからB級ホラー『クライモリ』の話になり、昔は東京自体が森だったんだよ! と進む。ああ、なんという面白さ。急逝した川勝正幸によるインタビューを特別収録。(CDジャーナル Book Review)

(CDジャーナル 2013年 5月号より)

内容詳細

「イギリス」「ドイツ」など実在する土地への追憶から、「宇宙」「楽園」へのヴァーチャル・トリップまで、細野晴臣が《音楽と旅》の豊潤な関係を語る。川勝正幸氏によるインタビューも収録。


2014.03.26発売予定


細野 晴臣 (ホソノ ハルオミ)
1947年生まれ。ミュージシャン。はっぴいえんど、YMOなどでも活躍。


中矢 俊一郎 (ナカヤ シュンイチロウ)
1981生まれ。フリー編集者。



【著者紹介】
細野晴臣 : 1947年、東京生まれ。音楽家。69年にエイプリル・フールでデビュー。70年に大瀧詠一、松本隆、鈴木茂とはっぴいえんどを結成。73年にソロ活動を開始すると同時に、ティン・パン・アレーとしても活動。78年に高橋幸宏、坂本龍一とともにイエロー・マジック・オーケストラを結成する。YMO散解後は、ワールド・ミュージックやアンビエント・ミュージックを探求する一方、プロデューサーとして歌謡界での楽曲提供も手がけた

中矢俊一郎 : 1982年、名古屋生まれ。『スタジオ・ボイス』編集部を経て、現在はフリーの編集者/ライターとして『TRANSIT』『サイゾー』などの媒体で暗躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 檜村 さん

    拝読中はラジオを聴いてるような幻聴が聞こえ睡魔が普段よりも多く襲ってきた。細野さんが今まで世界を旅して国々にまつわる音楽や映画、政治や文化の話を口承にした本。各ページの下の方に本文で紹介されたアーティストのアルバムが掲載されており、それをBGMとして読んでみると豊饒な時間を過ごすことができました。細野さんのようなかっこいいおじいちゃんになりたいです!

  • ぴょこたん さん

    今、私の中で細野晴臣さんブームが起きています。今まで聞き逃したCDを聞いたりして。そういえば細野さんの本てあんまり読んでないな、とはたと気づき数冊をのんびり読んでます。この本は一応「旅」と言うテーマでくくられた、細野晴臣さんの人生エッセイ。デイジーワールドで聞いた人物名が出てきて、ああの人のことか、と腑に落ちたりして懐かしい。もちろんほとんどの事は分からないけどね。デイジーワールドがまた聞きたくなった。カスタネダ、いよいよ手を出すか?

  • ばんだねいっぺい さん

    オオクボリュウさんのTシャツほしいなーと思っていたところ、装丁がそうだった。よかった。

  • ヤスコ さん

    細野さんが心の底から好きなので、直接話が聞けないのが歯がゆく、悶々としながら読みました。映画やオカルトにも造詣の深い細野さんは、やっぱり素敵!益々大好きになりました!

  • nizimasu さん

    いつもの北中正和さんとの対論ではなく、雑誌「transit」の連載に故川勝さんによる略歴紹介を挟んでいる構成。何しろ、旅の雑誌だから、旅と音楽、そしてあまり訊いたことがなかった映画の造詣の深さにも驚かされます。その音楽変遷と記憶がすごく密接にツタのように絡まっていて、読んでいてパーソナルヒストリーとしては、親切な構成で読みやすかったかも。インタビュアーが世代がだいぶ下なので、そういう若者に伝えようとする細野さんのお人柄がにじみ出る内容でした

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

細野晴臣

これほど日本の音楽シーンに燦然と輝きながら、妙に地味な立ち位置に落ちついている人もいないのではないだろうか?現在はSketch Showとして、さらにDaisy Worldの主宰者として活躍する日本が世界に誇る才能・細野晴臣。AORから、環境音楽、フォーク、テクノ、エレクトロと自在に音楽を操りながら、その実非常に人間味に溢れた音楽を奏で続ける男...

プロフィール詳細へ

細野晴臣に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト