細野晴臣 とまっていた時計がまたうごきはじめた

細野晴臣

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784582836707
ISBN 10 : 4582836704
フォーマット
出版社
発行年月
2014年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
370p;20

内容詳細

「いまは音楽の話だけをしていたい」 ――懐かしい音楽の話は、お笑い、隕石、演歌、原発、敬愛する友の死などを経めぐり、また音楽の話へと戻ってくる。震災以降のもやもやを喫茶店でつれづれに語り明かした、3年にわたる、雑談ドキュメント。

【著者紹介】
細野晴臣 : 1947年、東京生まれ。音楽家。69年、“エイプリル・フール”でプロデビュー。70年、“はっぴいえんど”結成。73年、ソロ活動を開始。同時に“ティン・パン・アレー”としても活動。78年、坂本龍一、高橋幸宏とともに“イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)”を結成。YMO散開後は、ワールド・ミュージック、アンビエント・ミュージックを探求。近年は、作曲やプロデュース、ライブ活動など多岐にわたり活動。平成19年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞

鈴木惣一朗 : 1959年、浜松生まれ。音楽家。83年にインストゥルメンタル主体のポップグループ“ワールドスタンダード”を結成。細野晴臣プロデュースでノン・スタンダード・レーベルよりデビュー。95年、ロングセラーの音楽書籍『モンド・ミュージック』で、ラウンジ・ミュージック・ブームの火付け役として注目を浴び、97年から5年の歳月をかけた「ディスカヴァー・アメリカ3部作」は、デヴィッド・バーンやヴァン・ダイク・パークスから絶賛される。近年では、クナレグミ、ビューティフル・ハミングバード、中納良恵、湯川潮音、羊毛とおはな等、多くのアーティストをプロデュース(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 林 一歩 さん

    好々爺と化した細野さんですが、70過ぎないと過去の確執は融けないものなのかと、ティンパンをバックに大瀧氏のソロを制作するという叶わなくなった構想に少し涙が出た。二枚組でも三枚組でも良いから、細野さんの歌声が聴きたい。

  • ぜんこう さん

    ゆる〜い2人の対談の中に、いい音楽を残したいという細野さんの想いが伝わってくる。音楽のこと、東日本大震災・原発事故以降のこと、細野さんの考え方がじわ〜っとわかったような気がする。細野さんがお笑いの さまぁ〜ず好きとは驚いた(笑) でも、音楽界にとっても大事な人がどんどん他界してしまったなぁ。

  • ばんだねいっぺい さん

    大瀧さん、なくなってしまったんだよなと思い返すことになった。

  • nizimasu さん

    震災以降のインタビューをまとめたもので、定点観測をしている盟友(後輩)の鈴木さんが聞き手だから実にリラックスした雰囲気で終始読めます。でも考えれば、震災があり、大瀧詠一さん他にも近しい方が亡くなりつつも、細野さんの音楽への探究は飽きることなく(映画もあいかわらず詳しい)続く。隠居や老年学みたいなものに興味は尽きないけれど、淡々とこなす境地は、音楽家としての理想でもあり、老境としての一つのありようだなと痛感した。アートスピリッツと隠居がクロスオーバーする細野さんにリスペクトが止まらないのもそんな理由からかな

  • mizzan72 さん

    私は細野さんの信奉者です。中でも、音楽に関する細野氏の意見は、ほぼ無条件で呑み込んでしまうという習性があります。このインタヴュー本の聞き手である鈴木惣一郎さんと同じく。今回も聞きたいレコードのリストができちゃった。しかし、「一拍子」ってなんだろう?細野さんに直接聞きたいよなぁ。恐らくセカンドラインのように、16ビートを「16を感じつつ、より大きな括りで捉える」って事だと思うんだが。随所に散りばめられた放射能云々、って部分は……まぁ昔からUFOとかスピリチュアリズムとかに関心が高い人ですから……。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

細野晴臣

これほど日本の音楽シーンに燦然と輝きながら、妙に地味な立ち位置に落ちついている人もいないのではないだろうか?現在はSketch Showとして、さらにDaisy Worldの主宰者として活躍する日本が世界に誇る才能・細野晴臣。AORから、環境音楽、フォーク、テクノ、エレクトロと自在に音楽を操りながら、その実非常に人間味に溢れた音楽を奏で続ける男...

プロフィール詳細へ

細野晴臣に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト