映画を聴きましょう

細野晴臣

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784873764542
ISBN 10 : 4873764548
フォーマット
出版社
発行年月
2017年11月
日本
追加情報
:
317p;19

内容詳細

『映画を聴きましょう』連載内容

映画雑誌『キネマ旬報』にて音楽家、細野晴臣がこれまで観てきた映画、そして印象に強く残った映画音楽について綴っている連載エッセイ。
テレビ西部劇『ララミー牧場』に出演していたホーギー・カーマイケルの名曲『香港ブルース』や、フェデリコ・フェリーニ監督作品を数多く手がけたニーノ・ロータ作曲『カビリアの夜』など細野氏自身も演奏する映画音楽から、最近ますます個人的興味が近づいてきたというウディ・アレンの監督最新作「カフェ・ソサエティ」まで、子どもの頃から続く映画体験の記憶を辿る。
連載タイトル『映画を聴きましょう』は子どもの頃に細野氏がよく聴いた映画サントラ集から。


【著者紹介】
細野晴臣 : 1947年生まれ、東京都出身。音楽家。69年に「エイプリル・フール」としてプロデビュー。70年、大瀧詠一、松本隆、鈴木茂と「はっぴいえんど」を結成。73年よりソロ活動を開始する。同時に鈴木茂、林立夫、松任谷正隆と「ティン・パン・アレー」としても活動。78年、坂本龍一、高橋幸宏と「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」を結成。歌謡界での楽曲提供を手がけプロデューサー、レーベル主宰者としても活動する。YMO散開後は、ワールドミュージック、アンビエント・ミュージックを探求。近年は作曲・プロデュース、映画音楽の提供をしながら、ソロアルバムの制作、ライブ活動など多岐にわたり活動。2008年、芸術選奨文部科学大臣賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • かめぴ さん

    少しずつ読み進めたい本。こんなにも映画と「音楽」に愛を感じる本があっただろうか。知らないけれど、これで細野さんの事がもっと好きになった気がする。サントラもっと聴きたくなった。

  • mizzan72 さん

    僕も、音楽を通して映画を観るタイプなので、細野さんの映画の話しには共感を覚える。取り上げられる映画タイトルにも、ワクワク!黒澤映画、ジョンフォードをはじめとする西部劇、ヴィットリオ・デ・シーカなどイタリア映画、ジャック・タチ、ヒッチコック、ジャック・ドゥミ、SFとホラー等々、好きな作品がいくつも重なるので、その意味でも、とても楽しめた。観たことのない映画をいくつかメモメモ。細野さんの本を読むといつもそうなんだけど、また楽しみが増えちゃった。

  • tanikenn さん

    細野さんよく映画見てるなあ すごい! また音楽のこともふくめすべて、愛にあふれ、しかも美味しそうに書かれてるから、もう付箋だらけになってしまう ああ いい映画ってきりない ため息

  • MICK KICHI さん

    細野晴臣ならではの映画本。 ホラー映画の見方。 SF映画好き。 映画音楽の知識が深まります。 堀道弘のカバー&挿絵がファニーです。

  • さえきかずひこ さん

    細野さんの映画音楽愛が溢れに溢れているものすごく読みがいのある一冊でした。。。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

細野晴臣

これほど日本の音楽シーンに燦然と輝きながら、妙に地味な立ち位置に落ちついている人もいないのではないだろうか?現在はSketch Showとして、さらにDaisy Worldの主宰者として活躍する日本が世界に誇る才能・細野晴臣。AORから、環境音楽、フォーク、テクノ、エレクトロと自在に音楽を操りながら、その実非常に人間味に溢れた音楽を奏で続ける男...

プロフィール詳細へ

細野晴臣に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品