SACD

はらいそ

細野晴臣

基本情報

カタログNo
:
MHCL10114
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
リマスター

商品説明

細野晴臣 トロピカル3部作完結編のSACDハイブリッド化

YMO結成前の細野晴臣が1978年に発表したイエロー・マジック・バンド名義のソロ作品。「トロピカル・ダンディー」(1975年)、「泰安洋行」(1976年)に続くトロピカル三部作の完結編。
坂本龍一、大貫妙子、鈴木茂ほかが参加した魅惑的でエキゾチックな楽園ミュージックの名盤が、砂原良徳による最新リマスタリング、初のSACDハイブリッド化で再発。

<収録曲>
01. 東京ラッシュ (2019 Yoshinori Sunahara Remastering)
02. 四面道歌 (2019 Yoshinori Sunahara Remastering)
03. ジャパニーズ・ルンバ (2019 Yoshinori Sunahara Remastering)
04. 安里屋ユンタ (2019 Yoshinori Sunahara Remastering)
05. フジヤマ・ママ (2019 Yoshinori Sunahara Remastering)
06. ファム・ファタール〜妖婦 (2019 Yoshinori Sunahara Remastering)
07. シャンバラ通信 (2019 Yoshinori Sunahara Remastering)
08. ウォリー・ビーズ (2019 Yoshinori Sunahara Remastering)
09. はらいそ (2019 Yoshinori Sunahara Remastering)


(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

YMO結成前夜に、細野晴臣がイエロー・マジック・バンド名義でリリースした1978年のソロ・アルバム。坂本龍一、大貫妙子、鈴木茂らが参加し、今なお新しいエキゾティックなチャンキー・ミュージックを聴かせる。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ふむふむ。 確かにこのアルバム聴いてどう...

投稿日:2013/08/12 (月)

ふむふむ。 確かにこのアルバム聴いてどう感じるかはそれぞれ激しく違うだろう。 なごめるという人、音の向こうのドロドロを感じる人、音の時代を感じる人、細野流ワールドミュージックの一端とする人。 はからずもそんな様々な面を持つ作品。いろんな意味で充実度がハンパじゃない、ってことか。

みちくさ さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
細野コレクションに流れるトロピカルを改め...

投稿日:2010/01/05 (火)

細野コレクションに流れるトロピカルを改めて感じさせる一枚。どうか、三国志のテーマ(歌つき)をリマスター版でお願いしたい。

ズーチ さん | 岐阜県 | 不明

0
★
★
★
★
★
坂本龍一で例えれば『BEAUTY』にあたる作品...

投稿日:2007/11/29 (木)

坂本龍一で例えれば『BEAUTY』にあたる作品。本人も煮詰まった末に次の段階へ向かう変動期を捉えたもの。従って隙が多くフュージョンや実験臭や横尾忠則が忍び寄り、何だかヘンテコなオムニバスといった趣。もちろんここが聴き所であり、非常に細野氏の精神面が剥き出しになった危険な記録だ。坂本が加えるシンセサイザーがどれも衝撃的な響きで、坂本はこの時はお気楽だったかもしれないがこれで細野氏にしっかりと手錠をかけられたと思う。憐れ。やっぱり「ウォーリー・ビーズ」のメロディーは凄い偶然だと思うよ。

TATSU さん | SUN-IN | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

細野晴臣

これほど日本の音楽シーンに燦然と輝きながら、妙に地味な立ち位置に落ちついている人もいないのではないだろうか?現在はSketch Showとして、さらにDaisy Worldの主宰者として活躍する日本が世界に誇る才能・細野晴臣。AORから、環境音楽、フォーク、テクノ、エレクトロと自在に音楽を操りながら、その実非常に人間味に溢れた音楽を奏で続ける男...

プロフィール詳細へ

細野晴臣に関連するトピックス

おすすめの商品