迷走するイギリス --EU離脱と欧州の危機

細谷雄一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766423730
ISBN 10 : 4766423739
フォーマット
発行年月
2016年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
213p;19

内容詳細

2016年の6月に世界の政治経済を震撼させた、イギリス国民投票によるEU離脱という結果―そして、そこに至るイギリスのEU加盟時から現在までの歴史も決して平坦ではなかった―。これから孤高の道を歩むイギリスがめざす方向は?また連合王国としてのイギリスは解体に向かうのか?イギリス外交史・国際政治の第一人者が歴史的背景からイギリス政治社会とヨーロッパを展望する一冊!

目次 : 序章 イギリスはどこに向かうのか/ 第1章 戦後イギリスとヨーロッパ統合/ 第2章 サッチャー政権からブレア政権へ―「欧州懐疑派」の台頭/ 第3章 欧州憲法条約からリスボン条約へ―「やっかいなパートナー」の再来?/ 第4章 キャメロン政権とヨーロッパ統合―イギリスのEU離脱をめぐって/ 第5章 イギリス国民の選択/ 終章 危機に陥る民主主義

【著者紹介】
細谷雄一 : 慶應義塾大学法学部教授。1971年、千葉県生まれ。英国バーミンガム大学大学院国際関係学修士号取得。慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程修了。博士(法学)。主な著書に、『戦後国際秩序とイギリス外交―戦後ヨーロッパの形成1945年‐1951年』(創文社、2001、サントリー学芸賞)、『倫理的な戦争―トニー・ブレアの栄光と挫折』(慶應義塾大学出版会、2009、読売・吉野作造賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 宇宙猫 さん

    ★★★★★ イギリスがEU離脱に至るまでの過程が、すごく分かりやすかった。日本でも「最低でも県外」に踊らされたように、嘘が大きすぎて信じちゃったイギリス国民には気の毒な結果だったと思う。

  • うえ さん

    四つの地域でアイデンティティがあまりに異なるイギリス。それは欧州の他国でも見られるとか。「イングランドでは、自らのアイデンティティをブリティッシュと考えている人の方がEU加盟を支持する傾向がある。反対に、自らのアイデンティティをイングリッシュと考えている人たちは、よりEU加盟には批判的であり、さらには移民にも強い抵抗を示している。このようなイングランドナショナリズムの台頭こそが、EUからのイギリスの離脱の決断に結びついている…他方で、スコットランドではむしろ、アイデンティティを重層的にとらえるのが一般的」

  • コカブ さん

    イギリスのEU脱退を決定した国民投票直後に出た本。イギリスの対EU政治史という観点からまとめた本だった。例えば欧州統合が進みだした戦後のタイミングでいうと、チャーチルは世界をソ連・アメリカ・英連邦・ヨーロッパの4つの勢力によって成り立つ(イギリスはヨーロッパではない)と考ええていた。ヨーロッパ統合は独仏を軸に進み、後からイギリスも加わる。やがて80年代のサッチャー首相の時代になると、与党保守党内では欧州懐疑派が勢力を強めてくる。サッチャー首相も欧州への統合に嫌悪感を示すようになった。

  • Meistersinger さん

    国民投票直後に出版された本だが、それ以降で情況は変わっていない。「ヨーロッパのなかのイギリス」「ヨーロッパではないイギリス」「ヨーロッパを操るイギリス」という複数のあり方が存在してきたが、欧州会懐疑派は昔から連綿と存在してきたと。

  • taming_sfc さん

    ブレグジット直後にこれだけの本を書くことのできる筆者の筆力に感服。基本的には戦後イギリス政治史に関する書籍であり、ブレグジットの背景を丁寧に追いたい読者にお勧めする。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

  • 堀江貴文 / 君はどこにでも行ける 日本人がアドバンテージをなくしていく中、どう生きるか、どう未来を描いていくか。刑務所出所後、世界28カ国58都市を訪... |2016年03月07日 (月) 17:30
    堀江貴文 / 君はどこにでも行ける
  • アクティブラーニングで学ぶジェンダー 身近にあるけれど気づきにくい“ジェンダー”。おもちゃ、物語、エイジング、精神疾患、デートDV、母娘関係、キャリア・デ... |2016年03月07日 (月) 13:10
    アクティブラーニングで学ぶジェンダー
  • 田中俊之新刊『男が働かない、いいじゃないか!』 働き過ぎ、結婚難、など男性ゆえに抱える問題、「男性学」の視点から、多くの若者が抱える悩みや生きづらさを解きほぐします... |2016年03月04日 (金) 17:00
    田中俊之新刊『男が働かない、いいじゃないか!』
  • 日本人だけが知らない この国の重大な真実 安倍政権に埋め込まれた「時限爆弾」――日本発、「第3次世界大戦」のシナリオ―「明治維新=日本の戦争国家化」は、まだ終... |2016年03月04日 (金) 17:00
    日本人だけが知らない この国の重大な真実
  • 京都ぎらい 生粋の京都育ち京都在住の著者だから言える、「こんなん書いてええのんか?」的衝撃の新京都論。ロングセラーです。 |2016年03月03日 (木) 13:50
    京都ぎらい
  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?

おすすめの商品