DVD

時をかける少女 期間限定スペシャルプライス版

細田守

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KABA10627
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
DVD
その他
:
期間限定盤
原作
:
制作スタジオ
:

内容詳細

待ってられない未来がある。
時をかける少女 期間限定スペシャルプライス版

■数々のヒットを生み出した細田守 監督の原点ともいえる不朽の名作「時かけ」
「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」「バケモノの子」など数々のヒットを生み出した細田守監督の原点とも言える作品。
本作は筒井康隆の同名小説『時をかける少女』。筒井康隆氏によるSF小説の原作を細田守監督が再構築しアニメーション映画化。
これまでにないバイタリティあふれる少女が、真夏の青空の下を、未来に向かって駆け抜けていく爽快な青春映画の決定版。

■2006年に大ヒットした劇場作品「時をかける少女」ががスペシャルプライスで登場!
2006年、東京ではテアトル新宿のみ、全国でもわずか6館から劇場公開され、連日の長蛇の列とともに、幅広い観客層の支持を得た、不朽の人気作。その熱気は全国に広まり、異例の40週を超えるロングラン上映を記録。第30回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、また毎年フランスで開催され、アニメーション映画祭としては世界最大規模を誇るアヌシー国際アニメーション映画祭にて長編部門特別賞を受賞するなど、国内外で高い評価を得た。

■第30回日本アカデミー賞受賞作
第30回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、第39回シッチェス・カタロニア国際映画祭アニメーション部門最優秀長編作品賞をはじめ、国内外における映画・アニメ賞など23冠を受賞。全国でもわずか6館から劇場公開され、幅広い観客の評判を呼び、連日長蛇の列を作った人気作。その熱気は全国的に広まり、異例の8ヶ月を超えるロングラン上映となった。

<DVD仕様>
収録時間 98分
制作年 2006年
カラー
MPEG-2
片面2層
16:9ビスタ
リージョン 2
Dolby Digital 5.1ch
Dolby Digital 2ch

<特典>
1 名場面ポストカード
2 オーディオコメンタリー「時かけ同窓会」
出演:細田守(監督)×仲里依紗(紺野真琴)×石田卓也(間宮千昭)×板倉光隆(津田功介)
※オーディオコメンタリーは2007年に発売されたDVD通常版に収録されたものと同じものです
※特典内容・仕様などは変更する可能性もございます。あらかじめご了承ください。

<スタッフ>
原作:筒井康隆(角川文庫刊)
監督:細田守
作総指揮:角川歴彦
製作:井上伸一郎、江川信也、川島晴男、川ア代治、森本義久、榊俊人
制作:丸田順悟
企画:丸山正雄
製作統括:安田猛
プロデューサー:渡邊隆史、齋藤優一郎
脚本:奥寺佐渡子
音楽:吉田潔
撮影:富田佳宏
編集:西山茂
録音:小原吉男
美術:山本二三
色彩設定:鎌田千賀子
CGI:ハヤシヒロミ
キャラクターデザイン:貞本義行
主題歌:奥華子「ガーネット」(ポニーキャニオン)

<キャスト>
紺野真琴:仲里依紗
間宮千昭:石田卓也
津田功介:板倉光隆
早川友梨:垣内彩未
藤谷果穂:谷村美月
紺野美雪:関戸優希
高瀬宋次郎:松田洋治
芳山和子:原沙知絵

<ストーリー>
高校2年生の紺野真琴は、理科実験室に落ちていたクルミをうっかり割ってしまったことがきっかけとなり、時間を飛び越えて過去に戻る力「タイムリープ」を手に入れる。
彼女はさっそく「タイムリープ」の力を試すべく、妹が食べてしまったプリンを食べにいく。
自分が“飛べる”ことを確信した真琴は、男友達の間宮千昭や津田功介とカラオケでノドが枯れるまで歌ったり、3人で何度も野球をして好プレイを連発してみたり・・・。
何気ない日常を思う存分満喫するのだった。何があっても大丈夫、また戻ればいい、何回でもリセットができる。そんな楽しい毎日が続くはずだった。
千昭が真琴に「俺とつきあえば?」と告げるまでは。Time waits for no one.(時は人を待たない)。
「タイムリープ」を繰り返し、残り回数が底をついたとき、真琴は自分にとって一番大事なかけがえのない時間がそこにあったことに気づくのだった・・・。

劇場公開:2006年7月15日

発売:株式会社KADOKAWA
販売:株式会社KADOKAWA
© 「時をかける少女」製作委員会2006

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
9
★
★
★
★
☆
 
6
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
8
★
★
★
★
★
この作品はあくまでも少女の心の揺れを描い...

投稿日:2012/11/18 (日)

この作品はあくまでも少女の心の揺れを描いた作品で、本当に必要なものは何か?夢を見つけることが主題です。2名の男子とかタイムワープはあくまでもストーリーを面白くする脇役です。そこを理解しないとこの作品の良さを理解できないでしょう。原作を上手く利用し少女から大人になる過程を描ききったアニメとして賞賛されるべき作品です。

0
★
★
★
★
☆
話の中身の現実性はおいておいて、高校時代...

投稿日:2010/08/23 (月)

話の中身の現実性はおいておいて、高校時代の恋愛を描いた作品にはなんだか懐かしい感じがします(自分にその経験は皆無ですが、憧れはありました)。

ねぎ さん | 滋賀県 | 不明

0
★
★
★
★
★
BDで初めて観ました。もう最高です!BDを購...

投稿日:2008/08/03 (日)

BDで初めて観ました。もう最高です!BDを購入してから毎日観ています。音楽もいいですね!これだけ映像と音楽がすばらしいハーモニーを奏でる映画は観たことがありません。超オススメです!

そねっと さん | 愛媛県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

細田守

1967年富山県生まれ。『時をかける少女』『サマーウォーズ』を監督し注目を集める。監督・脚本・原作を務めた『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』はともに大ヒットに。2018年7月20日公開の最新作『未来のミライ』は第71回カンヌ国際映画祭・監督週間に選出された

プロフィール詳細へ

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

アニメ に関連する商品情報

おすすめの商品