バケモノの子 角川つばさ文庫

細田守

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784046315229
ISBN 10 : 4046315229
フォーマット
出版社
発行年月
2015年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
307p;18

内容詳細

「おおかみこどもの雨と雪」の細田守監督、最新作が小説で登場!

バケモノの世界に迷い込んだひとりぼっちの俺。そこで俺は、暴れん坊のバケモノ・熊徹と出会い、弟子となって、九太という名前をつけられた。そんな熊徹との出会いが、想像をこえた冒険のはじまりだった!!

【著者紹介】
細田守 : 1967年富山県生まれ。91年東映動画(現・東映アニメーション)入社。アニメーターとして活躍後、演出に転向。その後フリーとなり、『時をかける少女』(2006年)、『サマーウォーズ』(09年)を発表。両作品とも国内外で多数の賞を受賞。11年にはアニメーション映画制作会社「スタジオ地図」を設立

山下高明 : 1967年生まれ。映画『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』で作画監督を務める

YUME : 東京都在住のイラストレーター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ミーコ さん

    とても良かったです。何度も涙が溢れそうになりました。乱暴者に見えて言葉も足りない熊鉄ですが 九太と出会い 一緒に暮らし お互いに成長して8年の月日が・・・。口数の少ない二人だけど とっても愛情が感じられ 素晴らしい作品でした。いつか再読したくなる1冊です。

  • はるき さん

     好きだなぁ、この世界観。映画から入ったんですが、血の繋がらない親子の絆って、どうしても泣ける。

  • まりもん さん

    映画を親子で見に行っていたので内容は知っていたけれど、子供が読書感想文を書くために購入し読了。

  • あおい さん

    映画を観たのでスラスラ内容が頭に入った。熊鉄の攻撃を避ける場面が面白かった。

  • hozuki さん

    人間には闇がある。うまくいかない、憤り。誰かが憎たらしい、怒り。どうなってしまうのだろう、不安。自分がぐちゃぐちゃになりそう、怖い。正体不明のいろんな気持ちが混乱を招き、内から食い殺そうとする。それでも、負けない!乗り越えてみせる。ひとりじゃない。毎日少しずつ。自分で選ぶ。そういった教訓みたいなものを、映像や本をとおし、大切にしてみようと考えることができた。自分で自分の方向、自分の足で。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

細田守

1967年、富山県出身。1991年に東映動画(現・東映アニメーション)へ入社し、アニメーターを経て演出(監督)になる。1999年に『劇場版デジモンアドベンチャー』で映画監督としてデビューを果たす。その後、フリーとなり、『時をかける少女』(2006年)、『サマーウォーズ』(2009年)を監督し、国内外

プロフィール詳細へ

細田守に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド