知能犯之罠 官僚謀殺シリーズ

紫金陳

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784909735027
ISBN 10 : 490973502X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
362p;2X2

内容詳細

「十五人の局長を殺し、足りなければ課長も殺す」―殺された公安局副局長の死体の傍らには、そんな“予告状”が残されていた。捜査が進むにつれて指揮官の高棟は、警察の人海戦術の弱点や科学捜査の限界を熟知した犯人の計画に慄然とする。そして予告通り起こる、第二、第三の殺人。捜査を立て直すべく、高棟は学生時代の旧友で、数理論理学の天才と呼ばれた徐策に協力を乞う。だが、高棟は知らなかった。徐策こそが、一連の事件の真犯人であることを。そして高棟は、現代中国社会そのものを嘲笑うかのような、恐るべき「殺人トリック」に直面することとなる…。官僚連続殺人事件をリアルかつスリリングに描く、「官僚謀殺」シリーズ第一弾!

【著者紹介】
紫金陳 : 中国の名門大学の一つ、浙江大学卒業。2007年にデビュー。十数作品の小説を発表している人気作家

阿井幸作 : 北海学園大学卒業。中国北京市の中国人民大学に語学留学してから今日まで北京市暮らし。留学中に中国のミステリー小説などに興味を持ったことがきっかけで、今はライターや翻訳者としても活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ケイ さん

    犯人は最初から分かっているところからの始まり。犯人の賢さを殊更に繰り返したり、エリート刑事も保身や出世にとらわれる俗な人物だと明らかになってきたり、だんだん読むことに対する興味が失せてきたあたりから...、あらら、となっていった。それぞれがそうくるか、と。最後には、それもいいね!と作家に拍手。読むのに苦労する方には、ぜひあきらめずとアドバイスしたい(^^) 余談の感想:中国人の犯人がアメリカで結婚したのか台湾女性で、仕事をやめて主婦だという設定!共産党の女性は強いから、違うタイプを皆さん求めるのかしら。

  • buchipanda3 さん

    華文ミステリ。犯人が最初から分かっている倒叙ものだが、ちょっと趣きが変わっていて最後まで面白く読めた。まさに完膚なきまでにという言葉が相応しい作品。犯人の徐策と捜査側リーダー高棟は共に論理的思考に長けた人物。しかも二人は親友同士で何度も接見し、手の内を晒し合うような奇異な展開を見せる。本作の面白味は手の内を見せながら徐策が次にどんな手を打ってくるのかというサスペンス的な要素だと思う。どう決着するかという終盤のあれをやった瞬間、あのセリフが甦って思わずやりやがったなと声が出た。ある意味、友人思いだと言える。

  • あさうみ さん

    精鋭刑事vs天才殺人犯の頭脳対決。たしかに東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」が頭に過ぎるが、こちらは感情の振れ幅は乏しく、『いかに警察を欺き犯行を達成するか』に重きが置かれてる。捜査側が政治色を見て打算するのでそこが受け入れられるかと、大胆な結末は賛否両論かも。題名に納得の仕掛けです。

  • 布由(ふゆ) さん

    スゴイ の一言 中国だから で済ませられるだろうか 日本でもこの犯人捕まえられないと思うよ…?

  • ののまる さん

    へえええ!こんな作品が中国大陸で生まれているんだ!東野圭吾の容疑者Xかな?と思ったら、作者自身がそう言っているので影響があるらしいけど、それよりも確かにこれ、謎解きよりも中国公民社会の上限関係ならではの現実がめちゃくちゃ反映されていて辛辣!しかも翻訳にあたっては、中国で検閲されて省いたものを戻したversion。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

紫金陳

中国の名門大学の一つ、浙江大学卒業。2007年にデビュー。十数作品の小説を発表している人気作家

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品