春期限定いちごタルト事件 創元推理文庫

米澤穂信

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488451011
ISBN 10 : 4488451012
フォーマット
出版社
発行年月
2004年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,251p

内容詳細

小鳩君と小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校一年生。きょうも二人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。それなのに、二人の前には頻繁に謎が現れる。名探偵面などして目立ちたくないのに、なぜか謎を解く必要に迫られてしまう小鳩君は、果たしてあの小市民の星を掴み取ることができるのか?新鋭が放つライトな探偵物語、文庫書き下ろし。

【著者紹介】
米沢穂信 : 1978年岐阜県生まれ。2001年、『氷菓』で第5回角川学園小説大賞奨励賞(ヤングミステリー&ホラー部門)を受賞しデビュー。青春小説としての魅力と謎解きの面白さを兼ね備えた作風で注目される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 佐々陽太朗(K.Tsubota) さん

    <古典部シリーズ>を「氷菓」→「愚エンド」→「クドリャフカ」→「遠まわり」→「二人の距離」と最新刊まで読み終えた渇きを「いちごタルト」「トロピカルパフェ」「栗きんとん」で癒そうと、とうとう<小市民シリーズ>に手をつけてしまった。気の向くままにあれこれ乱読を生活態度としている私として、シリーズものに手をつけてしまうと他の本を挟み込みにくくなる嫌いはあるのだが、なあにかまうものか。軽く読んで脳に刺激を与えるのだ。「おいしいココアの作り方」なんて、真相に至る前に真剣に推理してしまいましたよ。

  • めろんラブ  さん

    羊の着ぐるみで武装(?)し、高校デビューを果たした小鳩君と小佐内さん。今日も滑稽な程の努力で「小市民」を目指すが・・・。何とも可愛らしいミステリ。二人の協力関係(互恵関係)が微笑ましいですねぇ。「小市民たること」を目指す所以、過去のエピソードを詳しく知りたい!特に小佐内さん、謎です!地味でちっとも目立たない彼女にあんな一面が?ところで、限定のいちごタルトはどうなった?やはりあいつが?く、悔しいっ・・・。この怒りの勢いに乗って『夏期』へ!

  • kishikan さん

    古典部シリーズに続く米澤さんの第2弾シリーズ。古典部のホータローが「省エネ」なら本シリーズは「小市民」。その意味するところは、主人公の二人(小鳩君と小佐内さん)の密約にかかっています。何故そんな密約をしたの?ってなるとプロローグを読めば、なんとなく想像はできるのですがね・・・。このシリーズも、もう一人ユニークな仲間である健吾もいるし、ライトノベルながらミステリとしての妙もあり、展開も早いのでとても読みやすいんです。今後2作、3作と続くんでしょうが、この二人の関係はどうなっていくんでしょうか?楽しみです。

  • まりも さん

    小市民を目指す小鳩君と小佐内さんが目立ちたくないのに名探偵面して謎を解く羽目になる物語の1冊目。些細な日常の謎を解くことから始まる訳ですが、話の最初と最後では二人に対する印象がガラッと変わりますね。中学時代にやらかしたからこそ、今度は何としてでも清く慎ましい小市民として高校生活を送ろうとする二人の姿は若くて何だか可愛らしかったです。過去に一体どんな事があったのかも気になるし、次巻以降も楽しみ。

  • 射手座の天使あきちゃん さん

    めろんラブさんに「そそられ」て味見 小市民味のタルト生地&クリームの中に、なにこれ!? 超スパイシーな狼味の小佐内さんと小賢し狐味の小鳩君が隠されてる、こりゃ売れるよ うん v(^_~)  でもなぜ二人はそんな味になったのか???

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

米澤穂信に関連するトピックス

  • 『氷菓』12巻!突然の事態に、えるが奉太郎を呼び出し‥ 「生き雛まつり」の傘持ちを頼まれた奉太郎。神社に着くとルート確認をしており、奉太郎は長久橋が工事で通れなくなることを... HMV&BOOKS online|2019年05月22日 (水) 12:00
    『氷菓』12巻!突然の事態に、えるが奉太郎を呼び出し‥
  • 米澤穂信が放つ最新作品集 高校生の心中事件。二人が死んだ場所の名をとって、それは恋累心中と 呼ばれた。週刊深層編集部の都留は、フリージャーナリ... HMV&BOOKS online|2015年12月21日 (月) 21:06
    米澤穂信が放つ最新作品集

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品