ミステリな建築 建築なミステリ

篠田真由美

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784767832616
ISBN 10 : 4767832616
フォーマット
出版社
発行年月
2024年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
長沖充 ,  
追加情報
:
224p;21

内容詳細

名探偵は「事件」の謎を解き明かし、小説家は現場となった「建築」の謎を解く。「鹿鳴館」「中銀カプセルタワービル」「水晶宮」などの近代建築からミステリを読み、『グリーン家殺人事件』『ねじれた家』『黒死館殺人事件』などの名作ミステリから近代建築を論ずる。建築に潜むミステリを、ミステリの鍵となる建築を解き明かす一冊。

目次 : 第1部 建築のミステリを読む(築地ホテル館のレセプションはどこにあったか―日本最初の西洋式ホテルの謎/ 鹿鳴館は若きコンドルの失敗作だったのか―敢えて定説に異を唱える試み/ 明治の三国から山形へ、ひとすじの糸はつながったか―オランダ人技師エッシェルと土木県令/ 1851年ロンドン、ハイドパークに出現したものとは―百年早く生まれた大衆の時代の宮殿/ 建築スタイルはなぜ混ざる―町屋から宮殿まで、素敵な折衷の世界/ 中銀カプセルタワービルは理想の密室現場となり得たか?―ミステリ・マニアの夢と現実)/ 第2部 ミステリを建築で読む(山田風太郎作『明治断頭台』より「怪談築地ホテル館」/ 横溝正史作『悪魔が来りて笛を吹く』/ 篠田真由美作『翡翠の城』/ ディクスン・カー作『髑髏城』/ ヴァン・ダイン作『グリーン家殺人事件』/ エラリー・クイーン作『Yの悲劇』/ アガサ・クリスティ作『ねじれた家』/ 小栗虫太郎作『黒死館殺人事件』/ 中井英夫作『虚無への供物』)

【著者紹介】
篠田真由美 : 1953年東京生まれ。1977年早稲田大学第二文学部卒。1992年第2回鮎川哲也賞最終候補作『琥珀の城の殺人』でデビュー。1994年より講談社ノベルスで近代建築史研究者を探偵役にした本格ミステリ「建築探偵桜井京介の事件簿」シリーズを開始。累計部数100万部を突破した。その他、伝奇、幻想、怪奇などを広く執筆

長沖充 : 長沖充建築設計室主宰。1997年東京藝術大学大学院美術学研究科建築専攻修士課程修了後、小川建築工房、中山繁信/TESS計画研究所勤務を経て、2005年より現職。1級建築士、都立品川職業訓練校非常勤講師、会津大学短期大学部非常勤講師。日本大学生産工学部非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • パトラッシュ さん

    実際の建築物を見るのも、ミステリの舞台となる邸宅大好き。その両方についてイラストと共に愛を以て語られる文章は、楽しく愉快な時間を与えてくれる。実際に内部も見たのは65頁のドルマバフチェ宮殿だけだが、影山伯爵夫人と鹿鳴館での政治陰謀事件に遭遇したり、グリーン家やハッター家の図面を見ながら殺人犯を追った昔が懐かしい。ヴァン・ダインやクイーンが事件の舞台となる豪邸の設計図を掲載し、小栗虫太郎や横溝正史が踏襲したからこそ後の新本格派が誕生したのではないか。建築とミステリは最も相性の良いものだと再認識させてくれる。

  • 雪紫 さん

    桜井京介シリーズの篠田さんによる昔の近代建築と(勿論今も残ってるのアリ)、ミステリに綴られた幻の建築とエッセイ(なんと「翡翠の城」まであるよ!)。原作だと、イメージしづらかったが「髑髏城」が髑髏だし「ねじれた家」絵で見ると横に広い・・・(てっきり木みたいな感じを想像してた)のはさておき、見取り図を見るだけでもどうしてこんなに心惹かれるのか。館、建築ミステリにはその見取り図に謎と館の光景が付いてくるからだ。細かく建築、ミステリを語ってくれるのだから読んでて楽しい。・・・色々読み返したくなるしね。

  • よっち さん

    ミステリの核となるトリックは、事件の舞台となった建築にこそ隠されている。建築を愛する小説家・篠田真由美さんが建築に潜むミステリと、ミステリの鍵となる建築を解き明かす1冊。本書は前半に「築地ホテル館」「鹿鳴館」「中銀カプセルタワービル」「水晶宮」などの近代建築から建築に潜むミステリを語り、後半では『Yの悲劇』『ねじれた家』『悪魔が来りて笛を吹く』『虚無への供物』などの名作ミステリから近代建築を論じる構成になっていて、ネタバレに配慮しながらとにかく楽しそうに語る著者さんの建築論、ミステリ話が面白かったですね。

  • 練りようかん さん

    建築探偵の篠田さんが書く建築エッセイなら面白いに違いないと期待。実在した建築の謎を浮かび上がらせる趣向がいい、Case01の築地ホテル館は知らないことばかりでしかも設計者は今の清水建設!と情報によって押し寄せる興奮が凄かった。大好きな中銀カプセルタワーも登場。ふさわしい事件を考えるなら、も楽しい。「建築とは実用性と同時に精神性を孕んでいるものです」の一文がドンピシャで惚れ惚れ。そしてフィクションの建築も紹介。リスペクト&解体分析、再現イラストの中では『ねじれた家』の3つの客間が最も興味深かった。良かった。

  • 山猫 さん

    判型の割に見取り図が小さくてガッカリ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

篠田真由美

1953年東京生まれ。1977年早稲田大学第二文学部卒。1992年第2回鮎川哲也賞最終候補作『琥珀の城の殺人』でデビュー。1994年より講談社ノベルスで近代建築史研究者を探偵役にした本格ミステリ「建築探偵桜井京介の事件簿」シリーズを開始。累計部数100万部を突破した。その他、伝奇、幻想、怪奇などを広

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品