艦隊これくしょん ‐艦これ-陽炎、抜錨します! ファミ通文庫

築地俊彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784047292666
ISBN 10 : 4047292664
フォーマット
出版社
発行年月
2013年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
250p;15

内容詳細

『艦これ』ノベライズプロジェクト始動! 遂にファミ通文庫版が登場!

横須賀鎮守府に着任した艦娘の陽炎。陽炎型のネームシップとして勢い込んで訓練に励もうとする彼女だったがどうもうまくいかない。実は、共に艦隊を組むことになった潮、霰、皐月、長月、曙もそれぞれの理由から他の艦隊に加わることができず、あぶれた艦娘たちだった! そんな艦隊に、着任が遅れ最後に加わる羽目になってしまった陽炎の、波乱に満ちた横鎮生活が今はじまる――。話題沸騰の『艦これ』に待望の公式ノベライズ、ファミ通文庫版が登場!

(C) 2013 DMM.com/KADOKAWA GAMES All Rights Reserved.

【著者紹介】
築地俊彦 : 元TRPG、メイルゲーム製作会社勤務。現専業作家。実は第一回のJGCスタッフ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まりも さん

    ノベライズ作品なのでラブコメ中心かと思ったけどそんなことなかったぜ。駆逐艦陽炎をはじめとする第14艦隊の成長を描いた王道ストーリーでした。作者がベテランなだけあってこれといった特徴はないものの艦これネタをちゃんと使ったりと艦これユーザー向きな内容でもありますね。史実ネタ、艦これネタのバランスがちょうどよくかなりの良作でした。ただこれが続刊となるとグダグダになりそうな気もしますが。羅針盤はやはり神であって誰も勝てんのや…

  • 765@リハビリ さん

    意外と普通に面白い。可愛い女の子が海の上で闘うって事を素直に理解できれば艦これやった事なくても普通に楽しく読めそう――。性格に難あり。砲撃命中率に問題あり。で第14駆逐艦隊に配属された艦娘たちと呉からやってきた陽炎がメインの艦これノベライス。盛り上がるところで盛り上がって、シリアス過ぎにならずで失敗→訓練→成功と王道感のある展開で良かった。導入部としてはとても良い出だし。今後の展開にも期待。 ……ところで、雷がどうなったって?

  • 流言 さん

    『艦これ』ノベライズ。『提督は雷か鳳翔を買収すれば言うことを聞く』であったり『駆逐艦はすぐに撃沈されてしまうために常に気が抜けない』といった、一駆逐艦から見た艦これの世界に新鮮さがある。原作の曖昧模糊とした設定をうまく小説に落とし込んでいた。原作中では伝わりにくい曙の魅力を書いたキャラクター小説としても面白い。ただ、設定がソリッドな割にストーリーが雰囲気重視でふわふわしており、曙を助けにいくシーンなどはもっと陽炎の動機付けや問題児を陽炎に丸投げしたように見える提督の描写などはもっと丁寧に書いて欲しかった。

  • 星野流人 さん

    話題沸騰のゲーム「艦隊これくしょん」の公式ノベライズ作品。駆逐艦陽炎を筆頭に、曙、潮、皐月、長月、霰といった面々が活躍をする。メインの駆逐艦たちの他にも、艦これではおなじみのキャラクター達がたくさん登場し、『艦これらしさ』を多分に含んだ描写は、ファンとしては読んでて嬉しい。 ストーリー自体は王道的な、バラバラだったメンバーが力を合わせて〜系のものですが、やはり王道らしく熱くおもしろい仕上がりになっていました。まあ、長月の射撃の技術の上達早すぎだろとか、1冊でまとめた分やや早足になった感はありますが。 

  • ありふれた職業で世界西郷 さん

    『艦これ』のノベライズということで、絶対に読みたいと思っていました。しかも陽炎が主役というのが良かったですね。キス島撤退戦ではお世話になりました。登場する艦娘たちが皆可愛く魅力的に書かれていたのではないかと思います。愛宕や金剛は自分もよく秘書艦にするので、そういった意味でも読み甲斐がありました。2巻も出るようなので読みたいですね。自分も第十四駆逐隊を育てよう。(陽炎以外は1から育てないといけませんが……)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

築地俊彦

東京都出身。ノベライズ多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品