ブレイブウィッチーズPrequel 3 オラーシャの遠雷 角川スニーカー文庫

築地俊彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041063606
ISBN 10 : 4041063604
フォーマット
出版社
発行年月
2018年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
296p;15

内容詳細

いらん子中隊との共同戦線決行!? 勇猛なる伯爵が極寒の空を舞う!

1944年春――オラーシャ北部防衛の為、第502統合戦闘航空団にスオムス義勇独立飛行中隊との共同作戦が立案される。いらん子中隊戦闘隊長・迫水ハルカ中尉の度重なるセクハラ(?)発言に振り回される502のメンバーであったが、初となる共同作戦の決行に向け部隊の士気は高まっていくのであった。上手くいくかに思われた作戦の最中、突如出現した人型ネウロイに強襲されたウィッチ達は継戦不能な状況にまで追い詰められてしまう。かつてない部隊の危機に、勇猛なる伯爵<グレーフィン>が下した決断とは!?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 星野流人 さん

    アニメ前日譚としてのノベライズ版ブレイブウィッチーズはこれにて完結。かつてヤマグチノボルさんが描いた“いらん子中隊”の系譜を継ぐその後の“いらん子”との共闘もあり熱かったです。ウィッチたちはやはりかっこいいな。

  • †漆黒ノ堕天使むきめい† さん

    いらん子中隊が出てますね。もっと書いてくれても良かったのにこれで終わりとは残念だなぁ。プリでしたし、続きを描いてもええのよ。

  • Kamikami さん

    ひかり加入までの前日譚はまだ続く。いらん子小隊の主人公の名前だった迫水ハルカが登場。さすがにだいぶ成長したけど、根本の部分は相変わらず平常運転な感じ。ブレのなさはクルピンスキー伯爵にも肉薄していると思った。ニパもオーロラの魔女の頃に比べてだいぶ精神的に余裕ができてきた。

  • 辺野錠 さん

    帰って来た、いらん子中隊が帰って来たぞ!!!!という訳で感慨深過ぎて涙がチョチョ切れる。一切ブレていないハルカに安心する。新生いらん子中隊は黒人や東南アジア系ウィッチがいるのも面白かったポイント。オリジナルメンバーのその後が語られるのも泣ける(イラストが写真扱いなのもニクい)。敵もいらん子三巻を思い出す人型ネウロイと劇場版の超大型ネウロイのハイブリッドな感じなのもニヤリとする。表紙のクルピンスキーがクライマックスの美味しい所を持っていったり定ジョゼが仲良くなるのも良かった。

  • tora さん

    ハルカは立派に成長したなぁ(棒) 登場人物全員がちゃんと役割を与えられて活躍していたのがよかったです。 この時点で定ちゃんとジョゼの関係が思ってたよりも百合ん百合んで相当進んでたんですね……。もっとやってくれ。 久しぶりにいらん子中隊の活躍を読めてうれしかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

築地俊彦

東京都出身。ノベライズ多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品