虚人たち 中公文庫 改版

筒井康隆

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784122030596
ISBN 10 : 4122030595
フォーマット
出版社
発行年月
1998年02月
日本
追加情報
:
16cm,293p

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
いわゆるメタ小説で、スラスラ読めるストー...

投稿日:2009/11/28 (土)

いわゆるメタ小説で、スラスラ読めるストーリーではありません。どこかで「実験性は評価するが、作品としては失敗作」的な論評を目撃したことがありますが、私はかなりワクワクしながら読ませてもらいました。

吉岡富万 さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • GaGa さん

    これをいきなり読んで面白かったと感じる人は少ないと思うし、ある意味変態だと思う。これは筒井康隆という作家の作品を読みつくして、読みつくすとたどり着く先として存在する。さらにここが行きつく先かと思っていると「虚構船団」なんてものが出版され度肝を抜かれる。とにかく筒井康隆と言う作家は好きになった時点で読者は常に振り回され、それを楽しいと思うしかない。

  • さっとる◎ さん

    これもすごい本だった(笑)時間が時間通りに流れる。人物はそれぞれの世界を生きるそれぞれの世界での主人公である。あれ?一見それって当たり前なんじゃ?しかしだ。思い返してみる、たった一行で一夜が過ぎる。どんな端役も主人公が生きる世界に取り込まれその世界での役割を果たす。そのお約束で物語は成り立っている。物語が物語である以上主人公が寝たからといって普通は空白のページが現れたりしない(笑)現実にすり寄って物語から遠ざかる。文字を連ねることにより虚構を生み出すということにこんなに自覚的な作家がどれだけいるだろう。

  • 田中 さん

    主人公(父)が自ら小説により創られた虚構の人物であることを、客観的に自覚しながら演じる。著者(筒井康隆さん)が主人公に与えた役柄を、その主人公が虚実分析しながら語るのだ。そこに広がる架空の選択肢を示し展開する。妻と娘が誘拐されたのに、その当事者が突然に現れ消える。ある種の変幻自在なユーモアがあって面白い。場所や空間を自由に移ろい、時間は前後する。物語の筋は、あってないような感じだろう。主人公が著者と重なり合う、こんな小説があったのかと驚いてしまった(笑)奇抜で何ともシュールな読書体験ができた。

  • 田氏 さん

    音楽界には「ミュージシャンズ・ミュージシャン」なる言葉があって、一般には退屈とか難解とか言われがちだけど同業者からは絶賛されるような音楽家を指す。もし小説においてライターズ・ライターというカテゴリをつくるなら、筒井康隆はその筆頭なのではないだろうか。本作は特にそうだ。小説における虚構性を突き詰め、メタメタな思考と描写がノーカットで、読点のない文体で延々と書き連ねられられている。中盤は思索的な叙述がつづき、一般読者の自分は正直、眠気が。 2ページおき。に。  が、最終頁のあとには圧倒され放心する自分がいて。

  • アドソ さん

    メタだなぁ。メタにもほどがある。虚構の中の人を「中の人」目線で書いた異色作、いや奇書といってもいいのでは。登場人物が突然放り込まれたフィクションの世界は「自動ピアノ」のメタファーそのもので、プログラムに投げ込まれたパラメータは、何か値を代入されながら、何かイベントを引き起こし、偏在し、収斂し、時間を進ませる。しかもプログラムはバグだらけで、暴走こそすれど一向に止まってくれる気配がない。小説では時間を進ませるのは文字列で、空白の時間はすなわち空白行である、という発想すごいな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

筒井康隆

1934年大阪市に生まれる。同志社大学文学部卒業。60年にSF同人誌「NULL(ヌル)」を発刊し、江戸川乱歩に認められ創作活動に入る。81年『虚人たち』で泉鏡花文学賞、87年『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、89年『ヨッパ谷への降下』で川端康成文学賞、92年『朝のガスパール』で日本SF大賞、2000

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品