旅のラゴス 新潮文庫

筒井康隆

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101171319
ISBN 10 : 4101171319
フォーマット
出版社
発行年月
1994年03月
日本
追加情報
:
16cm,232p

内容詳細

北から南へ、そして南から北へ。突然高度な文明を失った代償として、人びとが超能力を獲得しだした「この世界」で、ひたすら旅を続ける男ラゴス。集団転移、壁抜けなどの体験を繰り返し、二度も奴隷の身に落とされながら、生涯をかけて旅をするラゴスの目的は何か?異空間と異時間がクロスする不思議な物語世界に人間の一生と文明の消長をかっちりと構築した爽快な連作長編。

【著者紹介】
筒井康隆 : 1934(昭和9)年、大阪市生れ。同志社大学卒。’60年、弟3人とSF同人誌“NULL”を創刊。この雑誌が江戸川乱歩に認められ「お助け」が“宝石”に転載される。’65年、処女作品集『東海道戦争』を刊行。’81年、『虚人たち』で泉鏡花文学賞、’87年、『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、’89(平成元)年、「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞、’92年、『朝のガスパール』で日本SF大賞をそれぞれ受賞。’96年12月、3年3カ月に及んだ断筆を解除(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
読み進めるうちに、いつのまにか自分もいっ...

投稿日:2021/06/29 (火)

読み進めるうちに、いつのまにか自分もいっしょに冒険している気持ちになる。旅先での人とのふれあいや交流にフォーカスがあたっていて、すんなりと読むことができた。

えびまよ さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
☆
友人に勧められたのがきっかけで読みました...

投稿日:2021/04/16 (金)

友人に勧められたのがきっかけで読みました。筒井康隆っぽくないからと言って面白くないはずがありません。主人公のラゴスがやけにモテモテキャラなのがうらやましいったらありゃしない。アルケミストを読んだ時のような人生の旅を駆け抜けて体験したような不思議な読後感が味わえました。

kotobuki さん | 広島県 | 不明

0
★
★
★
★
★
本来、知識を得ることは力であり喜びである...

投稿日:2021/03/10 (水)

本来、知識を得ることは力であり喜びである。 ファンタジーではあるけど、文明の発達や芸術の創生のドキュメンタリーを見るよう。失われた学問をもとに社会を統制したりする展開は今の異世界転生もののようでもあり、筒井作品としては誰にでも奨められる。

ひとひらひ さん | 千葉県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しんごろ さん

    モテモテのラゴスと一緒に旅したというか、RPGを体験した気分!(^o^)おれ→わたしに変わるのが好き!人生の長さも感じてラゴスと長く過ごした気分になったよ!BGMに東京エスムジカのアルバムを聴きながら再読したいな(o^_^o)

  • seacalf さん

    どこにも存在しない世界に、特殊能力を持つ人達との出会いの旅。序盤は寓意的な語り方が非常に面白かった。SFは学生以来ほとんど読んでないけれど、この作品はおとぎ話にも似たストーリー展開で読みやすい。ただ、恋愛に関しては『ラゴスよ、大切なことはもっと早くに気付こうよ』と言ってあげたくなるかな。

  • れみ さん

    高度な文明を突然失ったかわりに超能力を身につけた人々が暮らす「この世界」で旅を続ける主人公ラゴスのお話。「王国への道」が好きかな。こんな風にたくさんの本を読んで暮らしたい。それはそれとして、いま私たちが生きる「この世界」も行き着くところまで行ったらそこで突然全てを失うのかなあとか、知らないだけでそうやってグルグルと同じところを回っているんじゃないかとか、色々妄想してしまった。

  • ehirano1 さん

    著者の作品は本書が初ということもあってか(?)、なかなか難解でした。しかし「自らの根源、自らの生を実現することが、本質的に自己完結的な営みではなく、むしろ他者に向かって開かれているものだ、・・・(p257)」という解説で本書がだいぶ分かったような気になっています(失笑・・・)。

  • 康功 さん

    人間は、ただその一生のうち、自分に最も適していて最もやりたいと思うことに可能な限りの時間を充てさえすれば、それでいい筈だ。うぅ、いい事書いてあるなぁ、、アルケミストのようで、風の谷のナウシカみたいな、ゲド戦記のようなところもある、ジブリに映画化して欲しいような、、、人生は旅そのもののような作品でした。ラゴスとの50年の旅は、読む価値ありの読後感です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

筒井康隆

1934年大阪市に生まれる。同志社大学文学部卒業。60年にSF同人誌「NULL(ヌル)」を発刊し、江戸川乱歩に認められ創作活動に入る。81年『虚人たち』で泉鏡花文学賞、87年『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、89年『ヨッパ谷への降下』で川端康成文学賞、92年『朝のガスパール』で日本SF大賞、2000

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品