ぼくたちは勉強ができない 12 ジャンプコミックス

筒井大志

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088818665
ISBN 10 : 4088818660
フォーマット
出版社
発売日
2019年06月04日
日本
追加情報
:
200p;18

内容詳細

教育大学に進むと決めた成幸は、VIP推薦を蹴り勉強とバイトに明け暮れる。そんな折、桐須先生のフィギュア選手時代の動画がネットに流れ、大騒動に!?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よっち さん

    今回は桐須先生。フィギュア絡みの過去だったり、恩師が実は成幸の父親だったり、成幸の進路もそっちだったり、極めつけはあのセリフ…ヒロインそれぞれにエピソードがあるのはいつもどおりけれど、何だろうポンコツな部分含めて先生に漂う正ヒロイン感(苦笑)要所要所で文乃もいいポジションにいると思ってたけど、自分には分からなくなってきた。

  • むっきゅー さん

    圧倒的メインヒロイン・桐須先生。これまで、出番は多いが主にコメ担当のヒロインでしたが、今巻ではフィギュアを辞めたきっかけと、恩師である成幸の父親との関係、そして成幸の人生の選択が一つにつながった。重要巻。やはり先生エンドへの伏線ではないだろうか。これまでは、文乃ちゃんが家族の問題の解決を通して、成幸との深い絆を作ってきたが、先生のはこれを越えるような本作の根幹に関わるようなエピソード。表紙といい、先生が成幸に向ける笑顔といい、先生がとにかくかわいい12巻でした。

  • エディ さん

    ★★★★★ 好きなこと、憧れていること、やりたいことは肯定されるべきだが、それ相応の努力が必要。程度に個人差はあるが、努力は報われる……と信じたい。なんだかんだで、今回も桐須先生がメイン?(笑)

  • レリナ さん

    今回は真冬先生がヒロインしてたな。メインヒロインは風格が違う。成幸が教育大学に行くと決めてからまたこの漫画の面白味が発揮され始めた気がする。徐々に話が前へ前へと進んできたので、最終的にどんな着地をしてくるのか、楽しみ。それぞれのヒロインにチャンスがあるので、恋愛方面も期待したい。成幸は頑張り過ぎず、ほどほどに頑張ってほしいね。話がだいぶ前進し始めたので、成幸達の進路がどうなっていくのか、恋愛面においての進展が気になる。アニメ共々応援していく。次巻に期待。

  • わたー さん

    ★★★★★前巻から表紙のテイストを、ヒロイン一人の大写しに変えてきた。今回は真冬先生。内容的にもベストだと言える。彼女が何を思ってフィギュアを捨て教職を志したのか、成幸の父を師としながらも、何故、生徒の才能に寄り添うべきとの考えに至ったのかを紐解く中編を収録。個人的にはもっとじっくり描いてくれてもいいと思ったが、それでもメインヒロインにしか見えない。流石、人気投票1位は伊達ではないということか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

筒井大志に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品